東京五輪・マラソン札幌開催

 右往左往している東京オリンピックのマラソンコース。ようやく日程とコースが固まりつつある。実は突然の札幌開催が伝えられた10月下旬、札幌のホテルと航空機を予約しておいた。東京開催ならマラソンは最終日の閉会式(8月9日)の直前に実施されるとのことなので、8月8日~10日の2泊3日の行程で、ジャルパック札幌便を押さえた。その後、札幌開催なら…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄・羽沢横浜国大駅開業

   境界駅の羽沢横浜国大駅では乗務員交替がある。上り線に相鉄車の新宿行き、下り線にJR車の海老名行きがやってきて離合した。架線はインテグレイト架線だ。  久々の新線開業である。羽沢横浜国大駅を接続駅として、JR東日本と相鉄との相互乗り入れが11月30日から始まった。どんな様子なのか、さっそく乗りに行ってきた。  路線経路…
コメント:2

続きを読むread more

1964年東京オリンピック記念乗車券

 55年ぶりの東京オリンピック。私たち家族は前年に福岡から東京へ出てきたばかりで、私は墨田区立両国小学校の6年生でした。日本は高度成長が始まったばかりで、社会にはあちこちで歪みが出始めていました。何と言ってもオリンピックを前に、東京は極端な水不足に陥り、隅田川から西の都心部や山の手では時間給水が始まりました。多摩川水系の小河内ダムが干上…
コメント:0

続きを読むread more

品川~田町間線路切換え工事

 高輪ゲートウエイ駅新設にともなう工事で、11月16日(土)に山手線と京浜東北線の線路切換え工事が行なわれた。16日未明から工事が始まり、16時過ぎには山手線の運転が再開された。私は16日の昼過ぎに新橋~品川~東京間を、上野東京ラインで乗車してみた。 *JR東日本の告知広告  東海道線下りの電車から田町付近を眺める。田町駅の…
コメント:0

続きを読むread more

小田急乗務員企画「8000系界磁チョッパ車で行く鉄道体験ツアー」(その3)

 秦野で折り返した8000系6連は、小田急線を再び海老名をめざして快走した。営業列車のスジの間に引かれた臨時運転だが、秦野トンネルを抜けたあと、時速80キロから常用最大ブレーキをかけて本線上に停止する。何とファンサービスとのこと。伊勢原通過後にも同じ様なことをやる予定だったが、前後のダイヤが詰まっており延期。本厚木通過後、今度は相模川の…
コメント:0

続きを読むread more

小田急乗務員企画「8000系界磁チョッパ車で行く鉄道体験ツアー」(その2)

 海老名車両基地研修庫の中で乗り込みが終わると、11:07分過ぎからイベントが始まった。これから59番ピット線へ出発するための整備士による点検である。運転士や車掌はタッチしない。が、マイクを使ってマニアックな説明をして下さる。整備士の点検は、  ①カラノッチ試験  ②パンタ下げ  ③パンタ上げ  ④扉点検(全開閉、1扉開閉、再開…
コメント:0

続きを読むread more

小田急乗務員企画「8000系界磁チョッパ車で行く鉄道体験ツアー」(その1)

 11月2日、小田急トラベルで表記の鉄道ツアーが実施された。日帰りで7480円といささかお高いが(昼にかかるも弁当なし)、このツアーでは海老名車両基地内のピット線から出発して車両基地内の留置線を経由して秦野で折り返してくるという車庫線ファンとしてはまたとないもの。発売日初日に売り切れとなったが運良く申し込みが出来た。以下、簡単にレポート…
コメント:0

続きを読むread more

原武史「『松本清張』で読む昭和史」と「歴史のダイヤグラム」

 鉄道ファンでもある明治学院大名誉教授・原武史氏の「松本清張で読む昭和史」(NHK出版新書2019年)が出た。私は松本清張の推理小説「砂の器」や「点と線」などは映像で見ただけで読んだことがなかった。しかし、今回小説の舞台となった香椎や亀嵩などを時刻表を基本として捉えなおした原氏の視点はなかなか面白いと感じた。現在の香椎浜は海岸線が埋め立…
コメント:0

続きを読むread more

上野動物園モノレール

 上野動物園モノレールは、現在使われている40形電車の老朽化により、2019年10月31日(木)で運行を終了します。10/18に最後と思って乗ってきました。私としては2度目ですが、前回は1963年ですので、50数年ぶりの乗車となりました。    廃止間際で混雑しているといわれていたので、平日の雨の日、午後を狙ってみました。その目論見…
コメント:0

続きを読むread more

今後の乗り歩き/2019秋

 鉄道の日を中心に、今年も各地で珍しい路線、列車への乗車イベントが実施されています。昨年秋は、ほぼ毎週末ごとに乗り歩きをしましたが、今年は全くありません。楽しみにしていた8/26の東京モノレールは、急病でキャンセルしてしまいました。しかし、9/21にはJR九州定期観光バスで、鹿児島県串木野市の薩摩金山蔵を訪れ、バッテリー駆動のトロッコ列…
コメント:2

続きを読むread more

JALパックで鹿児島・福岡旅(5)(台風の福岡市内)

 3日目は門司港レトロに行く予定だったが、午前中はともかく、午後には台風接近となりそうだ。百貨店は午後3時以後閉店、JRと西鉄は計画運休を伝えている。と言うわけで、北九州行きは止めておいた。  JALパックに電話して、門司港レトロのビックリオプションをキャンセルした。無手数料で返金となった。わずか100円だが・・・。  午前…
コメント:0

続きを読むread more

JALパックで鹿児島旅(4)(ミッキー新幹線で博多へ)

 ホームに上がる。ミッキー新幹線は800系の6連である。実は運用を調べるのに一苦労した。ミッキー新幹線の時刻表はJR九州のホームページに前月の25日過ぎに掲載される。乗車するのは9/21なので、指定券売出日の1ヵ月前の8/21では運用が解らないのだ。  そこで、6月以来のミッキー新幹線の時刻表を洗い出してどの運用にミッキー新幹線が…
コメント:0

続きを読むread more

JALパックで鹿児島旅(3)(中央駅市電風景~薩摩金山蔵)

 JALパック鹿児島旅の2日目。きょうは鹿児島の観光地をJR九州の定期観光バスで回ったあと、九州新幹線のミッキー新幹線で博多まで行く予定である。朝食前に中央駅周辺を散歩する。鹿児島市電と駅周辺をぶらついてみた。  まだ車は少ない時間帯だが、直ぐに被ってしまう。  中央駅周辺を含めて軌道のセンターポール化、芝生化はさすが鹿児島…
コメント:0

続きを読むread more

JALパックで鹿児島旅(2)(鹿児島市内まで)

 きょうも早朝の飛行機で九州へ行く。八千代台駅から京成の始発に乗る予定にしていたが、エミタスタクシーが迎車OKとのことで、JR津田沼駅まで運ばれる。バスは事前に予約していたので乗車可となった。空席がたくさんあったが、京成津田沼駅乗車の人の分のようで、予約ナシの人は次便に回された。この便まではバス1台なので厳しい。    羽田空港第1…
コメント:0

続きを読むread more

JALパックで鹿児島・福岡の旅(1)

 9/20から23日まで、JALパックを利用して鹿児島と福岡へ行ってきました。事前に計画した行程のうち、門司港レトロなど北九州へは台風接近のため断念しましたが、メインだった九州新幹線のミッキートレインなどは大した混雑はなく、ゆっくりと乗車できました。  また、初めて乗ったJR九州バスの定期観光で串木野を初訪問。金山蔵と称する金鉱石の採…
コメント:0

続きを読むread more

懐かしの鉄道写真コンテスト

 鉄道COMとソニーマケッテイングとの共催で行われた「鉄道写真コンテスト」の結果発表が、朝日新聞東京本社の2Fコンコースギャラリーで行われた。写真展なので見に行ってきた。実は朝日新聞社の中に入ったのは初めてのことである。都営大江戸線の築地市場駅で下車。地上へ上がると、癌研と朝日本社との間に出た。前方には解体中の築地市場が見えた。  制…
コメント:0

続きを読むread more

JALパックの概要

 6月15日のブログの通り、9/20から3泊4日で鹿児島・福岡へ行ってきます。利用するのはJALパック。実はANAの方にシンパシーが強いのですが、付随するオプションでまたしてもJALとなりました。行程は概略以下のとおりです。行きはいまや貴重となったB6機。帰りはB7です。2年前のように、台風が来ませんように願っています。 <1…
コメント:0

続きを読むread more

総武快速線開業から47年

 総武快速線は1972年7月に東京~津田沼間が開業した。もう47年前になる。半世紀近くが経過したことになる。千葉県の鉄道網については身近な存在だったので、鉄道ピクトリアル誌はじめ、あちこちにメモ書き風の寄稿を繰り返してきた。しかし、近年はまとまったものを書いていない。鉄道趣味というものは、自分の記憶の中にとどめておけばよいと考えてきたか…
コメント:2

続きを読むread more

秋の乗り歩き

関東エリアはまだ猛暑を迎えていませんが、いかがお過ごしですか。私の乗り歩きは足踏み状態です。 さて、秋の乗り歩きですが、次回は東京モノレール3番線ホームと昭和島車両基地を予定しています。羽田2タミの3番線は、羽田空港で見るたびに気になっていた線です。幸いなことに、クラブツーリズムからツアーが出ました。ぜひ乗ってみたいと思ってい…
コメント:0

続きを読むread more

小田急GSE1周年記念運行で喜多見電車基地車庫線の旅(2)

 喜多見車両基地からGSEに乗り込んだ私たちは、10:30分に発車した。最初は座席の向きとは反対のバック走行で、車両基地の奥へと向かった。  いったん屋外に出たあと、今度は屋根のある留置線へ入る。  留置線から再び進行方向が変わり、洗浄機を通過する。構内の架線が剛体架線だったのが印象的だった。  シャワーを浴びたあと、…
コメント:0

続きを読むread more