三池鉄道128年の歴史を終える

 さる5月7日、福岡県大牟田市にある三井化学専用線(三池鉄道)が鉄道運行を終えた。この貨物専用線は1891年に七浦坑~横須浜間で始まった蒸気機関車による石炭輸送がルーツである。当時の石炭は横須浜から小型船(はしけのようなもの)に積み込まれ、有明海の対岸にある長崎県の口之津港まで運ばれて大型船に積み替えられていた。有明海は潮の干満の差が9…
コメント:0

続きを読むread more

1969年の高校修学旅行

 高校の修学旅行は2年次の秋に実施された。中学のときから2年しか経っていないが、修学旅行専用電車「ひので」号から新幹線利用が当然の時代となった。「ひので」号は最晩年期を迎えており、翌々年廃止される。あちこち聞いてみたが、「ひので」を利用したのは東京都の公立中学校だけで、周辺の横浜や千葉の中学校では新幹線だったとのこと。また、両国中学校の…
コメント:0

続きを読むread more

1969年の九十九里鉄道廃線跡

 1969年、私は高校2年生になった。学期始めの5月の課外学習(遠足)は、千葉県の九十九里浜にある片貝海岸だった。訪問先は生徒会で自由に提案できたが、私は誰が提案したんだと不満タラタラだった。今はサーフィンのメッカになったが、当時は知らない。  貸切バスで東京から九十九里浜の片貝海岸まで行き、現地では自由行動となった。海岸にある海…
コメント:0

続きを読むread more

1968年の玉電

 高校生なって初めての旅行は、6つ下に記した福岡行きだったが、友人と乗り歩きもやっている。普段の行動範囲が下町だったので、山の手地区の鉄道には疎かった。そこで中学からの同級生だったS君と一緒に玉電に行ってみようということになった。彼は毎日渋谷まで銀座線で通学していたので土地勘があった。  玉電=東京急行玉川線は国道246号線を渋谷…
コメント:2

続きを読むread more

1967年の関西修学旅行

 中学3年生の修学旅行は1967年の5/27~30に京都・奈良方面で実施された。受験があるので春に実行したのだろう。 (1)ひので号のうた  まずはこの歌をお聞きください。  *「ひので号のうた」  この歌はNHK「みんなの歌」で1963年4月から放送された。私は大牟田市在住のまだ小学生のときに聞いている。歌…
コメント:0

続きを読むread more

1966年の水上・新潟行き

 1966年の中学2年生の夏休みは、水上温泉と新潟へ出かけてきた。乗車券から8/3~6に水上1泊、新潟2泊で出かけたものと思われる。直前に妹が熱を出したが、かかり付け医に相談してから出かけた。1家4人と福岡から出てきていた祖母の5人旅である。乗車券は父が交通公社浅草支店で手配した。普通周遊券になっていた。佐渡が入ったコースだった。新潟は…
コメント:0

続きを読むread more

1965年の大阪行き(初の新幹線)

 1965年8月の夏休み、我が家は一家で奈良・大阪・京都へ出かけた。私は墨田区の両国中学校の1年生。残っている乗車券の日付から8/3~8/7の行程だったと思われる。いまなら新幹線ということになるが、自動車である。まだ東名高速道路は開業前で、一般道を延々と大阪まで走った。たいへん貴重な体験だった。なぜこんな無謀なことをしたのかというと、父…
コメント:0

続きを読むread more

1964年の林間学校(日光)

下の記事を書いたあと、当時のアルバムが出てきた。私は手書きで行程を記録していた。それによると、期日は7/26~28とある。東武日光軌道線車補のパンチ穴から7/25~27と判断したのだが、1日違っていたようだ。 (1日目)学校~都電~東武浅草駅~東武日光~華厳の滝~いろは坂~中禅寺湖~遊覧船~養魚場~竜頭の滝~戦場ヶ原~白樺荘(泊)…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道ピクトリアル臨時増刊「私鉄車両めぐり」(1966年)

 手元に月刊誌「鉄道ピクトリアル」7月号臨時増刊「私鉄車両めぐり」(通巻186号/1966年)がある。記憶をたどれば、書店の店頭で購入したものではなく、西千葉駅の千葉大学東門そばにあった書店<メジカル書院西千葉店>が配達してくれたものである。鉄道趣味誌を書店で買う習慣がなく、本屋さんは定期購読者に配達もしくは取置きしてくれていた。千葉大…
コメント:0

続きを読むread more

1968年の福岡行き

 1963年(前の東京オリンピックの前年)、私が小学校5年生の時に一家をあげて上京してきたが、1回目の帰省は1968年であった。私は高校1年生になっており、夏休みに一人で福岡の祖母の家に行った。「よんさんとお」ダイヤ改正の直前の夏だった。  心配だったのか、父が東京駅の新幹線ホームまで見送りにきた。当時の東京~九州間のメインルート…
コメント:0

続きを読むread more

初めての鉄道写真

 筑豊電鉄遠賀川橋梁(1960.6月ごろ)  これは私が生まれて初めて撮った鉄道写真である。場所は福岡県直方市の筑豊電鉄・遠賀川橋梁。筑豊電鉄は1956.3.21に北九州線の貞元(現・熊西)~筑豊中間が部分開業。1958.4.29に小屋瀬まで、1959.9.18に筑豊直方までが開業した。撮影したのは私が小学生のときだから、直方延長…
コメント:0

続きを読むread more

三井化学専用線(三池鉄道)ラストランイベント延期

 5月に廃止が予定されている福岡県大牟田市にある三井化学専用線では、ラストランイベントが計画されていたが、新型コロナウイルス禍の影響で延期されることになった。会社のホームページで告知された。  三井化学専用線では100年以上前に製作された電気機関車がいまでも現役で使われており、たいへん貴重な産業遺産として評価されている。専用線は鹿…
コメント:0

続きを読むread more

北のシルクロードと蝦夷錦

 きょう(4/18)の朝日新聞別刷BEに、<北のシルクロード/松前藩の切り札「蝦夷錦」>が掲載されていた。蝦夷錦とは京都の西陣織のようにきらびやかな織物なのだが、産地は中国南部のベトナムとの国境に近い地方である。  こうした煌びやかな工芸品が日本にやってきたのは南西諸島経由でも、朝鮮半島経由でもなく、和人とアイヌとの交易によって物…
コメント:0

続きを読むread more

駅弁論争と映画「家族」

 きょう(4/11付)の朝日別刷り(Be)の連載記事に興味深いものがあった。  原武史氏の「歴史のダイヤグラム」には、思想家の竹内好と鶴見俊輔との信越本線での駅弁論争が取り上げられていた。関山駅から信越本線に乗車した二人が夕食時間にさしかかった時、横川の「峠の釜めし」と高崎の「だるま弁当」とどちらが美味いかをめぐって激しい!論争を…
コメント:0

続きを読むread more

未乗の鉄路

 感染症対策の経済の自粛が続いている。そのため、全線完乗記録が破られていた区間の乗車が、実行できないままでいる。 ・沖縄都市モノレール  昨年10月1日に、首里 - てだこ浦西間 (4.1km) が延伸開業した。乗りに行くのは冬になってからと思っているうちに乗車機会を失している。沖縄ツアーと抱き合わせを考えているのだが、クラ…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道イベント止まる

 感染症対策のため、各地で経済活動の縮小が続いている。同時に鉄道趣味はどこかへ飛んでいってしまった感がする。 (1)充電させてもらえませんか?三池港篇  昨日(4/4)テレビ東京系で放映された「充電させてもらえませんか?」は、熊本の阿蘇山から三池港までの旅であった(地元の福岡テレQは別曜日に放映)。出川哲朗の人気番組らしいが…
コメント:0

続きを読むread more

高輪ゲートウエイ駅、開業から1週間

 3/14の開業から1週間経った高輪ゲートウエイ駅を見学してきた。新駅は山手線と京浜東北線との関係では、線路別の島式ホーム2面の駅である。駅周辺の整備はほとんど手付かずの状態であり、話題性だけが先行した感がある。 こちらは山手線。外回り電車が進入してきた。  京浜東北線は田町寄りで線路別から方向別複々線に代わるべく、立体…
コメント:0

続きを読むread more

各地で鉄道イベント中止

 新型コロナウイルス感染症対策のため、この春に予定されていた鉄道イベントが延期、中止が相次いでいる。感染症の原因や対策が見通せないため、有効な決定打が打ち出せないことが根本原因だろう。  私が申し込みをしていたものでは、小田急新5000系試乗会(喜多見車両基地~相模大野車庫線)、近鉄ひのとり試乗会(近鉄名古屋~伊勢若松往復)、ホビ…
コメント:0

続きを読むread more

三池鉄道(三井化学専用線)廃止に! 

 現在三川坑跡に保存されている20t電車。  3/1付の西日本新聞によれば、福岡県大牟田市に現存する貨物専用鉄道=三井化学専用線(三池鉄道)1.8キロが、操業方式の変更にともない、5月に廃止になることが解った。JR鹿児島本線大牟田駅構内の仮屋川操車場から単線ながら直流600Vで電化された産業鉄道である。化学工場内に達する路線のため…
コメント:2

続きを読むread more

伊豆クレイル

 静岡アフタ・デステイネーションキャンペーンの一環として、4/4にJR相模線・橋本→茅ヶ崎→伊豆急下田を、651系「伊豆クレイル」が走る。発売はびゅうツアーの商品として2月下旬と予告されていたが、きょう(2/25)検索してみたら、2/21に満席になっていて、ネットでの受付は終了とのこと。もう発売が始まっていたのだった。残念!  6…
コメント:0

続きを読むread more