京成と葛飾八幡宮

 このところ、朝の通勤電車を避けるべく、京成モーニングライナーを利用している。ゆったりと座ってゆけるので車窓から新たな発見をすることがある。その一つが、葛飾八幡宮である。

 そのお宮さんは京成八幡駅の成田寄りにある。気になったので、帰りに途中下車して見学してきた。参道は京成線で分断されているが、千葉街道(国道14号線)から伸びている。

 あたりは市川市の高級住宅地で、文教地区でもある。市川市役所が至近距離にある。京成八幡駅前には押上から京成電鉄の本社が移転してきたが、かつてあった京成百貨店は置かれていない。流通部門は懲りたのか、商業施設を作らないのが京成の方針!?なのだろうか。

葛飾八幡宮1.jpg
 通行量は大したことないが、表参道と称する参道が京成線を横切っている。

葛飾八幡宮2(隋神門).jpg
 途中に「隋神門」という山門がある。明治維新前の神仏混合時代のもので、上野寛永寺の末寺の仁王門だという。

葛飾八幡宮3(鐘楼).jpg
 境内には鐘楼もあった。本物の鐘は社務所に保存してあるとのこと。

葛飾八幡宮4(社殿).jpg
 正面が社殿で、左側は神楽殿である。

 小1時間の散策を終えて駅に戻った。周辺は閑静なたたずまいで、繁華街はJR本八幡駅周辺にある。鉄道線路が平面で走る京成線は、並行するJR線より半世紀遅れているといえる。一時話題となった千葉街道(国道14号線)の地下へ線路を移す構想は忘れ去られてしまったようだ。

*葛飾八幡宮のホームページ

"京成と葛飾八幡宮" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント