1974年夏の江ノ電と相鉄(1)江ノ電

 清水から帰ったあと、1974年7月の暑い日に江ノ島へ行ってきた。といっても海の遊びではない。江ノ電に乗ってみたいと急きょ思い立ったのである。江ノ島には小学生の遠足以来何度か行っているが、江ノ電には乗ったことがなかった。当時は「江ノ島鎌倉観光電鉄」と長ったらしい名称で呼ばれていたが、観光客の不振などで経営危機がささやかれていた。廃線にな…
コメント:0

続きを読むread more

1974年4月29日の静鉄訪問(2)静岡清水線

 新清水駅前で昼食をとり、港橋まで行って帰ってきて静鉄電車に乗る。電車はまだワンマン化前だったが、近代的外観の1000型が前年から走り始めていた。狐ヶ崎ヤングランド前(今はない)からは国鉄線との並走区間を楽しんだ。運動場駅は2面4線構造で急行通過に備えた設備に改造してあった。長沼車庫が見えたので途中下車してみる。  静鉄の車両…
コメント:0

続きを読むread more

1974年4月29日の静鉄訪問(1)清水市内線

 1970年代の北海道や関西、九州訪問の記事はこれまでにも紹介してきた。今回は近場の静岡である。4月のゴールデンウイーク(1974.4.29)に静岡鉄道に登場したばかりの1000型ステンレスカーを撮影にいったようだ。ついでにまだ健在だった清水市内線も全線走破している。清水港線にも乗ったはずだが写真がない。どうやら録音に忙しくて省略したよ…
コメント:0

続きを読むread more

日本車両豊川製作所

 朝日新聞Be(2021.9.25朝刊別刷)に、日本車両製造豊川製作所が取り上げられた。「池井戸潤が撮る日本の工場」シリーズの一環で、見開き全面記事である。    朝日新聞朝刊(2021.9.25)別刷Beに掲載された見開き記事。  新幹線車両を4000両も納入したとの実績が評価された日車は、かつては独立系の鉄道車…
コメント:0

続きを読むread more

黒部ルート一般開放へ

 富山県のHPが関西電力が保有する黒部ルートの一般開放(観光開発)について、早ければ2024年度にも実現の見通しであることを伝えている。黒部ダムには富山から入って電車~ケーブル~無軌条電車~ロープウエイなどを乗り継いで黒部第4ダムにいたり、そこから電気バスで扇沢へ抜けて信濃大町・長野へ路線バスを乗り継ぐ(逆方向もあり)、いわゆる「立山黒…
コメント:0

続きを読むread more

三省堂書店、建て替え

 東京神田駿河台にある三省堂書店(本店)の建て替えが始まるという。現在の建物は1981年3月に創業100周年を記念して完成したもので、それまでの木造2階建てから一気に近代的ビルになった。  靖国通りに面した本店の正面玄関。(2021年9月17日撮影)  今の建物はまだ40年ほどしか経っていない。鉄筋コンクリート造りなので…
コメント:0

続きを読むread more

原武史「歴史のダイヤグラム」単行本発行

 土曜日の朝日新聞朝刊別刷に連載されている原武史氏の「歴史のダイヤグラム」が単行本化された。2019年10月から始まった「be」4面の連載コラムはまだ続いているが、2021年5月を一区切りとしたものである。巻頭にある通り、「土曜別刷り<be>の好評連載、待望の新書化」といえそうだ。    朝日新聞2021.9.11朝刊別刷「be…
コメント:0

続きを読むread more

シウマイ弁当(崎陽軒)

 我が家近くのユアエルム八千代台で、期間限定で横浜の崎陽軒「シウマイ」が売り出された。別に珍しいことではないが、台の上に並べられたシウマイ弁当などは飛ぶように売れていた。千葉県には東武百貨店船橋店に常設売り場がある。  千葉県で売られている崎陽軒のシウマイ弁当は、江東区大島の東京工場で調製されたものである。  860…
コメント:4

続きを読むread more

オリパラと、バスファン

 東京オリンピック・パラリンピックの選手・関係者の輸送に、全国から搔き集められた観光バスが活躍している。朝日新聞9月3日付夕刊に築地市場跡のバス車両基地前に集まったバスファンの記事が載っていた。    朝日新聞2021.9.3夕刊(社会・総合)より  それによると、この機会を逃しては見られない全国各地のバス会社の観光型バス…
コメント:0

続きを読むread more