鉄道友の会機関誌782号、783号

 先日、鉄道友の会の機関誌「レイルファン」782号(臨時増刊号)と783号が送られてきた。782号の方は旧国鉄の車両設計事務所が発行した「客車形式集1966」から諸元と仕様をまとめたもので、極めて資料性の高い内容となっている。

レイルファン782臨時増刊.jpg
 RAILFAN782号(2021.4臨時増刊号)

 当時の1等車(グリーン車)や食堂車の解説が写真とともに掲載されている。1等車(グリーン車)には縁がなかったが、最晩年に成田線の普通列車に転換クロスシートの客車が格下使用されたものに出くわしたことを思い出した。成田から千葉まで乗車したのだが、車内には転換クロスシートがずらりと並んでおりビックリした。

 当方はまだ中学生だった(?)ので、形式を控えてこなかった。今となっては返す返すも残念である。どこかの幹線で使用されていた客車がローカル用に回ってきたものだろう。

レイルファン783号.jpg
 783号はブリーリボン賞関連の一冊である。

 本号で、2021年ブルーリボン賞、ローレル賞の候補車両16形式が発表され、会員の投票によって受賞が決まる。投票ハガキが同封されていた。会員は2票を投じ、選考委員会によって最終決定がなされる。 

 私の投じた車両が受賞したケースは少ないのだが、昨年は投票こそしなかったが、西武000系の受賞記念乗車と式典に参加できた。今年はどれが選ばれるだろうか。

<2021年候補車両>
 ・JR北海道キハ261系5000番代
 ・舞浜リゾートラインリゾートライナーTypeC
 ・JR東日本E261系
 ・小田急5000形
 ・首都圏新都市交通TX-3000系
 ・箱根登山鉄道ケ10形・ケ20形
 ・しなの鉄道SR1系
 ・JR東海N700S
 ・JR西日本271系
 ・JR西日本117系7000番代
 ・近鉄80000系
 ・近鉄20000系(リニューアル車) 
 ・広島高速交通7000系
 ・JR四国キハ185系「志国土佐時代の夜明けものがたり)
 ・JR九州YC1系
 ・JR九州787系36プラス3
 
 
 
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント