埼京線渋谷駅を見る

 5月30日(土)~31日(日)に全面運休して埼京線渋谷駅のホーム移設工事が行なわれた。路盤を嵩上げし、かつホームを新宿方へ350m移設する大規模工事だった。昨日2週間遅れで見て来た。

 地上3階の銀座線ホームで下車。東急百貨店東横店は全館閉鎖されて解体工事が始まっているが、地下の食料品売り場だけは東急FOODSHOWとして継続営業されている。いささかのお買い物。

 JRのハチ公前改札(地上)から入場する。山手線と埼京線(山手貨物線)が同じレベルで揃ったが、コンコースは切り替えながらの改装工事の真っ只中であった。まずはホームに上がってみた。

 埼京線渋谷駅1(通路).jpg どこにでもあるような風景だが、山手線と埼京線のホームが並んだ意味は大きい。

埼京線渋谷駅2(ホーム).jpg 埼京線ホームに上がると、山手線と同じレベルに構造物の目線があった。高崎線直通列車が入ってきた。

埼京線渋谷駅3(山手ホーム).jpg 埼京線ホームから山手線ホームを眺める。

埼京線渋谷駅4(山手ホーム2).jpg 床面はまだ仮支えや旧構造物の撤去が進められていた。


 以前の埼京線ホームは大崎方に大きくずれていたので、見に行ってみた。ホームを延々と歩くと、旧ホームが現われた。1996年の埼京線恵比寿延長時に作られたホームである。いまはまだ新南口へ通じている。

埼京線渋谷駅7(埼京線旧ホーム).jpg それにしてもこんなに先だったかなあと思わせる距離である。

埼京線渋谷駅5(埼京線ホーム).jpg 埼京線ホームの中ほどから眺める。

埼京線渋谷駅6(埼京線ホーム2).jpg 山手線ホームの外回りホームは内回りと統合ざれて島式ホームに改装される。

埼京線渋谷駅8(埼京線コンコース).jpg 階段を降りて山手線外回りへ乗り換えた。今回はハチ公改札から入って南改札と巡ってみた。


 今回の工事は埼京線ホームを350m北上させる大規模なものだった。この後東急百貨店の解体、メトロ銀座線渋谷駅の残工事、JRコンコースの整備と続くようだ。旧東横線ホームは跡形もなくなっており、それどころかホーム跡には新しいビルが建っていて、ちょっと来ない間に渋谷駅は大変身している。

 渋谷駅の玉川口などといっても何の意味だか誰も知らない時代をむかえている。ここで玉電に乗り換えたのが懐かしい。まだまだ変化する渋谷駅であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント