上野動物園モノレール

 上野動物園モノレールは、現在使われている40形電車の老朽化により、2019年10月31日(木)で運行を終了します。10/18に最後と思って乗ってきました。私としては2度目ですが、前回は1963年ですので、50数年ぶりの乗車となりました。
 
 廃止間際で混雑しているといわれていたので、平日の雨の日、午後を狙ってみました。その目論見はほぼ当たって、待ち時間ナシで乗車できました。動物園内のモノレールなので遊具と思われている方もいるようですが、立派な鉄道事業法上の単軌鉄道(懸垂式)です。東京都交通局が運行に当たり、上野懸垂線と呼ばれています。

 せっかく動物園に入ったので動物も見学してくればよかったのですが、パンダだけ見て帰って来ました。ガラガラだったのでゆっくりと観察できました。以下、モノレール乗車のレポートです。

上野動物園モノレール1(西園駅発車).jpg 動物園には京成上野駅側から歩いてゆける弁天門から入場。モノレール西園駅から乗車しました。

上野動物園モノレール2(西園駅ホーム発車).jpg 西園駅を発車した40形です。

上野動物園モノレール3(乗車券).jpg 西園駅で乗車券を購入。パスモ等は使えません。「東京都懸垂電車」という表記がいいですね。

上野動物園モノレール4(折返し到着).jpg 西園駅はビルの3階にあります。1本前の電車が到着しました。私は次の便を待ちます。

上野動物園モノレール5(折返し到着2).jpg お客さんが乗り込んで発車してゆきました。

上野動物園モノレール6(次便折返し到着).jpg 電車は7分間隔の頻発運転でした。直ぐに折り返しの便が来ました。成田エクスプレスのような警報音を鳴らしています。

上野動物園モノレール7(40型).jpg 40形の表記はこの程度しか写せませんでした。 

上野動物園モノレール8(車内).jpg さっそく乗り込みました。ドアー間は窓側を向いた横座席でした。

上野動物園モノレール9(運転台).jpg これが運転台です。

上野動物園モノレール10(運転士).jpg 運転士さんが乗り込んで来ました。動力車操縦免許が要るので、都営地下鉄の運転士からの配置転換とのこと。

上野動物園モノレール11(西園発車1).jpg 西園駅を発車しました。

上野動物園モノレール12(西園発車2).jpg モノレールの支柱が独特です。

上野動物園モノレール13(西園~東園).jpg わずか1分半で東園駅に到着です。

上野動物園モノレール14(東園下車1).jpg 東園駅で下車するとモノレールと同じ平面を歩いて出場します。子供と記念撮影する人でいっぱいでした。

上野動物園モノレール15(ありがとう40形).jpg ちょっとピンボケですね。

上野動物園モノレール16(ありがとう40形全景).jpg 懸垂部分を入れてみました。

上野動物園モノレール17(東園駅).jpg 東園駅です。

上野動物園モノレール18(刑式写真).jpg 歴代のモノレール車両の写真が掲示してありました。

上野動物園モノレール19(折返し発車).jpg 折返し電車が発車してゆきました。

上野動物園モノレール120(折返し発車2).jpg こうやって見るとモノレールらしいですね。集電はケタの下に2条の架線が張られています。プラスとマイナスでしょう。

 
 モノレールを降りると、動物園の東園(本園側)です。パンダ舎が目の前でした。係員に聞いてみると待ち時間はほとんどないとのこと。1972年に初めて公開されたときには上野広小路辺りまで行列が出来ていましたが、こんなときでないとパンダを見る機会はないでしょう。ちょっと立ち寄ってみました。

上野動物園モノレール21(パンダ).jpg リーリーというのだそうです。子供よりおばさんたちの方が興奮していました。


 上野動物園モノレール22(モノ帰路).jpg 帰りは歩いて上野駅に出る予定でしたが、モノレールの復路にも乗ってみました。

上野動物園モノレール23(バック展望).jpg 帰路はバック展望乗車としました。ガラガラなのです。

上野動物園モノレール24(発車架線).jpg 発車しました。ケタの下に張られている架線がよく解ります。トロリーバスみたいです。

上野動物園モノレール25(型式表示).jpg 終点の西園駅で降りました。形式表示がありました。どうやら、40-1と40-2という表記のようです。「東京都」の銘板もありました。

上野動物園モノレール26(折返し発車).jpg 最後に西園駅を出て行く40形を見送りました。

上野動物園モノレール27(折返し発車2).jpg これが最後のモノレールとなるでしょう。前方の道路は、西園と東園を結ぶ道路です。


 父が福岡から転勤になって一家を挙げて船橋に引っ越したばかりの頃、どうしても乗りたい乗り物がありました。それがモノレールでした。まだ羽田にはありません。引っ越しに付いて来た祖母を含めて5人で、1963年夏に上野動物園に行きました。私が小学校5年生のときでした。

 京成の博物館動物園駅から入ったように思います。夕方だったのですが、モノレールには長い行列が出来ていました。「今日は止めとこう」という父を振り切って、みんなで並びました。絵本でしか見たことのなかったモノレールに乗ったときには天にも登る心地でした。車両は初代のH型でした。いま日車豊川工場に保存してあるそうです。

 今のモノレールは黒字だそうですが、設備更新に多額の費用がかかるということで、10月末日を以って運休となります。上野動物園にとって象やパンダとともに憧れの対象でした。交通局で「お別れ運転」の乗車を募集していたので応募してみましたが、まあ無理でしょうねえ。今回が最後の乗車となるに違いありません。


<モノレールの変遷>
 ・H形  1957年12月17日~1966年11月30日
 ・M形  1967年1月1日~1984年9月1日
 ・30形 1985年4月2日~1999年12月19日
 ・40形 2001年5月31日~現在(2019年10月31日休止)


*鉄道COMの記事
東京都交通局のHP


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント