静岡車両区回送線の旅2/近鉄京都~京阪特急~JRおおさか東線まで

 JR京都駅で下車。きょうは京都見物はナシ。だが、近鉄高架下の店でオジャコの激辛佃煮を買ってきた。その足で近鉄特急券売り場に。夕方に大阪難波から名古屋まで乗る近鉄アーバンライナーの特急券を買っておく。幸いなことに普通車の一人がけ席が空いていたのでお願いした。

 ホームに入ると普通・新田辺行きが停車中である。8000系の4連だが、先頭車はガラガラだった。丹波橋で京阪電車に乗り換える。かつては両社で相互乗り入れが行われ、近鉄車が京阪三条へ、京阪車は京都駅に姿をあらわしていた。そんなことを知る人もいなくなった。当時は双方とも600Vで、ATSなどなかったから簡単にできたことだろう。

 乗換え通路は昔のままである。ラッシュ時には大混雑となるが、いまは訪日外国人観光客がネット検索しながら歩いている。

 京阪ホームに降りる。特急淀屋橋行きがやってきた。8000系ではなく新3000系である。運よく一番前の展望座席に座れた。発車すると右へ左へカーブしながら走る。一時に比べてスピードを追求しなくなり、主要駅での乗降を重視するダイヤになっている。JRの新快速の一人勝ちなのだろう。

 複々線区間に入ると俄然スピードを出すが、昼間なので緩行線の電車のごぼう抜きは見られなかった。それでもアッという間に京橋に着いた。ここでいったん下車する。反対方向に乗り換えると、普通電車が停車中である。1駅で野江に到着。ここで下車する。通過線は特急などは全力疾走してゆく。かつて撮影に熱中していた時代によく通った区間である。

画像
 各駅停車の新田辺行きに乗る。

画像
 車内はご覧のとおり空いていた。

画像
 近鉄丹波橋で下車。京阪に乗り換える。

画像
 両線を繋ぐ連絡通路。かつて600V時代は両線は相互乗入を行なっていたのだが・・。

画像
 京阪特急は8000系ではなく、中ノ島線開業時に登場した3000系だった。

画像
 京阪京橋に到着。運転士の後方監視も健在だった。

画像
 複々線区間を1駅戻って野江で下車。

画像
 どんどん電車がやってきて飽きない。かつて望遠レンズを持って撮影に来たころが懐かしい。


 野江の改札口は昔の狭いままだった。改札外に出てJR野江駅を探す。それらしきものは見つけられなかったが、あてずっぽうに歩いていると、高架線が現われた。JR野江駅だ。駅前広場はなく、京阪同様に駅だけあるというスタイルである。

 ホームに上がると、電光表示装置が「遅れ10分」などと伝えている。どうやらダイヤが乱れているようだ。やがて久宝寺方から若草色の201系がやってきた。201系は首都圏ではすでに引退してしまっているので、かえって新鮮である。

 遅れのまま乗車したので、皮肉なことに以後の行程は少しずつ早くなった。新大阪で折り返す。いったん下車して乗り直す。3両目は「女性専用車」である。ラッシュ時間帯だけでなく終日なのが面白い。久宝寺まで乗車しておさか東線を制覇した。これで完乗記録を更新した。

 久宝寺での乗り換えは、ダイヤが乱れていたことで、15分早い普通電車に乗り継げた。当初はJR難波まで乗る予定にしていたが、時間に余裕が生まれたので、天王寺から阪堺電車に乗ってみることにした。

 JR改札前にうどん屋さんがあったので、入ってみた。関西風のキツネうどんが美味しかった。あべのハルカスへの展望台エレベーターを眺めて、阪堺電車の乗り場に移動した。

画像
 JR野江からおおさか東線に乗車。でもダイヤがだいぶ乱れていた。

画像
 10分以上遅れて201系がやって来た。奈良区の若草色だ。

画像
 新大阪まで乗車した。

画像
 久しぶりに天王寺駅の立ち食いうどんをいただく。きつねうどんが大変美味しかった。



<1日目>
  ・京都11:31(近鉄・普通新田辺行き)→11:43丹波橋  *8300系4連(8307に乗車)
 ・丹波橋11:53(京阪・特急淀屋橋行き)→12:26京橋  *3000系8連(3052に乗車)
 ・京橋12:31(京阪・普通枚方市行き)→12:34野江  *7200系6連(7853に乗車)
 ・JR野江12:44(おおさか東線普通)→13:00新大阪  *201系6連(クハ201-78に乗車)  
 ・新大阪12:56(おおさか東線)→13:30久宝寺   *201系6連(クハ200-78に乗車)
 ・久宝寺13:31(関西本線・普通難波行き)→13:41天王寺  *201系6連(モハ200-155に乗車)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック