近鉄伏屋駅高架完成記念ツアー(その3/富吉検車区)

 *このブログは画像のみです。紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい

 急行の回送を利用した貸切電車で、近鉄名古屋~富吉~富吉引上げ線と乗車した。引き上げ線に約3分停車した後、サイドチェンジして電車は富吉検車区構内に入線するため名古屋方へバックし始めた。

画像
 11:29分に動き出した。引上げ線をバックしながら左側車窓から眺める。富吉駅への場内信号機が並んでいた。

画像
 引上げ線から上り名古屋本線へいったんポイントを渡る。

画像
 本線からさらに左分岐して富吉検車区構内へ入った。

画像
 やがて研修庫が見えてきた。ここへ入るらしい。

画像
 ピット線D線へ入線する。

画像
 ピット線のとなりの線に特急車が見えてきた。

画像
 ここで2600系から特急車へ乗り換えるらしい。ドアーを揃えて11:35分に停車した。

画像
 研修台を使って乗り移る。

画像
 ク22661号車に着席した。さすが特急車だ。

画像
 11:39分に動き出し、いったん名古屋方まで進む。ここで停車した。再び進行方向がかわる。

画像
 11:43分に反対方向へ動き出した。洗車23番線へ向かう。

画像
 例によって洗車機のブラシだ。G線に向かう。

画像
 G線で停車してお弁当が配られた。松坂駅弁当のあらた竹特製の牛肉弁当だ。あら竹ではイベントごとに掛け紙を特注して納品している。

画像
 これが中身だ。松坂牛ではない牛肉が2切れ入っている。

画像
 特急車の車内で弁当を食べ終わったころ、電車は富吉駅のホームに12:33分に入っていった。ここでいったん特急車とはお別れである。(名古屋方)22961+22661(大阪方)の2連だった。


 富吉駅からは定期列車で伏屋駅まで移動するが、30分以上時間がある。駅前を散策して時間をつぶした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふぉ
2017年09月14日 10:50
はじめから特急車ではなく、乗換というのが変わっていて面白いですね。

横やりで申し訳ないのですがこれは松坂牛のお弁当ではないですね。あら竹製の松坂牛弁当は2900円のものと3300円のものと4400円とそれ相応に高くなってます。
牛肉どまんなかなどで有名な米沢も米沢牛でない弁当が多いです。ただ米沢の米沢牛弁当はそこまで高く無かった印象はありました
railway
2017年09月17日 20:34
 あら竹が作る1350円の元祖特撰牛肉弁当は松阪牛ではないのですね。あらためて認識しました。駅売店では掛け紙が蒐集できるよう売られていると、同じツアー参加者の方がおっしゃっていました。ご教示ありがとうございました。
松坂駅弁というと、イクオールで松坂牛と思ってしまいます。

この記事へのトラックバック