近鉄伏屋駅高架完成記念ツアー(その2/名古屋~富吉車庫)

 *このブログは画像のみです。紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい

 今回の記念ツアーの集合場所は近鉄名古屋駅中央改札前。実はJR線や名鉄との連絡口は知っているのだが、中央改札口は行ったことがなかった。名鉄下車後1時間余に時間があったので、名駅地下街やゲートシテイなどを見学に行った。10月訪問時に市バスのメーグルバスを試そうと思ってバスターミナルに乗り場の確認にいったところ、芋を洗うような大混雑で始発駅の名駅で大量の積み残しを出していた。車両も中型から大型路線バスが運行に入っていたのだが・・。


画像
 名古屋から富吉車庫までは一般車ながら貸切電車に乗車する。ホームの案内表示は「貸切」と出ていた。

画像
 中央改札口前で受付が行われた。4グループが2両に分かれて乗車するようだ。

画像
 6連の急行・名古屋行きが入ってきた。折り返し団体貸切列車になる。

画像
 車両の側面表示幕は「貸切」となっていた。

画像
 いつもは折り返し回送となる列車のようだが、6連のうち前2両の2800系だけが貸切扱いとなる。この車両は座席がL/Cカー(クロス-ロング転換改造車)だった。

画像
 発車して地下トンネルを抜けると、右側に米野車庫が現れる。主として特急車の整備がおこなわれている。

画像
 米野駅ホーム手前までの狭隘な敷地に何本か留置線が置かれている。

画像
 半分だけ高架化が完成した伏屋駅を通過する。のちほど徒歩で見学する。

画像
 しばらく走ると右手に富吉車庫が広がってくる。

画像
 いったん富吉駅ホームに停車した。

画像
 ホーム停車はわずかで、宇治山田方の引き上げ線へ入っていった。

画像
 引き上げ線のとったんまで入線し、ここで停車した。列車はここからバックする。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック