北陸新幹線並行在来線(4・終)富山地鉄富山市内線

  *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。


  富山地方鉄道富山市内線は、旧富山駅前から新幹線高架下へ100mほど路線が延びた。わずかな区間ながら、2方向へ同時発車が出来る配線となった。


画像
 まずは富山駅から大学前行きに乗車する。富山名物の幕板部分の広告がいかめしい。

画像
 大学前行きは右側の出発線を使って発車した。

画像
 車窓からデルタ分岐を眺める。

画像
 2停留所目の県庁前で下車。富山駅へ引き返す。ちょうど水戸岡デザインの7021号車・南富山駅行きがやってきた。

画像
 車内は復刻デザインになっている。

画像
 運転席のうしろには水戸岡デザインらしいボードがあった。

画像
 富山駅でスイッチバックして、南富山駅に向かう。富山駅では左側の出発線に入った。

画像
 一つ目の電鉄富山駅エスタ前で下車して引き返す。今度はセントラムの連接車がやってきた。デルタ線を右折して、すべての連絡線を走破した。

画像
 セントラム9000型が富山駅に到着した。

画像
 富山からは新幹線「はくたか564号」に乗車。自由席だったのでC席に座った。途中の上越妙高で大量下車があり、E席を独占できた。


 本来「黒部ダム見学ツアー」の際に一緒に実行しようと思っていた富山地方鉄道富山市内線だが、今回で完乗した。デルタ線のうち元からある線に1本だけ残る富山駅に入らない電車にはいずれ乗ってみようと思っている、方向幕は、<直行 大学前>と表示されるとのことである。その黒部ダム見学だが、抽選に当たったので、7月中旬に三たび富山に行く予定である。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック