九州クラブリーグ混戦

 九州のクラブ大会は今年から制度の大幅改正があり、トップ6によるリーグ戦と、九州8県トーナメント戦によるクラブ大会の二層立てとなった。リーグ戦は混戦が続いており、帆柱、ウルトラマン、甲南の3チームが1敗で並んでおり、どこが優勝するかは最終節まで解からない状況となっている。この中から抜け出てくるのはどこか興味が持たれる。
 他方、佐賀で行なわれた九州クラブ大会は準決勝まで終了し、シザースクラブ(福岡)と川南クラブ(宮崎)が決勝戦へ進出した。決勝戦は11月27日に、博多の森で有料試合として実施される。
 このように、制度改革が行なわれたことで停滞気味だった九州のクラブチームは一気に活性化してきた感がある。全国大会へ出場権(2チーム)争い、リーグ戦とクラブ大会との入替戦など、努力したチームは上へ上がれ、努力しないとたちどころに下へ落ちてしまう。これまでのように「指定席」に安住してはいられなくなった。その意味で、九州のクラブ大会の制度改革は狙い通りの効果を発揮しているといえる。各チームの奮起に期待したい。

*九州クラブリーグの成績(大分県協会HP)
http://www.orfu.jp/siai_kextuka/2005kextuka_club.htm#
*全九州クラブ大会の成績(同)
http://www.orfu.jp/top/c_2005kyusyu_club_kumi.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック