テーマ:鉄道友の会

鉄道友の会機関誌782号、783号

 先日、鉄道友の会の機関誌「レイルファン」782号(臨時増刊号)と783号が送られてきた。782号の方は旧国鉄の車両設計事務所が発行した「客車形式集1966」から諸元と仕様をまとめたもので、極めて資料性の高い内容となっている。  RAILFAN782号(2021.4臨時増刊号)  当時の1等車(グリーン車)や食堂車の解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京成3150型見学会

 京成電鉄の3100形50番台車、3150形の見学会(撮影会)が鉄道友の会の主催で11月7日、宗吾車両基地で開催された。登場以来、成田スカイアクセス線を中心に運用されている3150形は現在4本あり、前任車の3050形同様オレンジ色の帯を巻いて活躍している。  最寄り駅の八千代台から特急・成田空港行きに乗車する。宗吾参道で下車するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道友の会機関誌2020年10月号(778号)

 鉄道友の会機関誌で三池鉄道の車両紹介が続いている。1回目(776号)は電気機関車、2回目(777号)は蒸気機関車、そして今回(778号/2020年10月号)は、客車篇の紹介があった。コハ100形(1948年)とホハ200形(1950年)の2車種の紹介が行なわれている。ホハ200形は国電63形に似た三段窓の車両で、コハ100形と組んで2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友の会機関誌「RAILFAN」776号発行

 鉄道友の会の機関誌RAILFANの2020.6月号が送られてきた。今回はブルーリボン賞、ローレル賞の結果発表号なので、盛りだくさんの内容である。  記事の中で興味を引いたのは、「三井三池専用鉄道の車両Ⅰ」である。2020年5月7日に三井化学専用鉄道が約130年の歴史を終えたばかりなので、格別の思いで記事に接することが出来た。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more