テーマ:北陸新幹線

黒部ルート見学会(9)終/北陸新幹線で帰京

*紀行記は、鉄道のページでご覧ください。  富山地鉄市内線を丸の内で降りたあと、徒歩でホテルに戻った。  丸の内電停からお堀沿いに歩いてANAホテルに戻った。右側の高層がホテル。  台風接近のため帰路は高山本線経由を諦め、北陸新幹線で帰った。ホームに上がると下り線を「かがやき505号」(W7系)がやって来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒部ルート見学会(6)/欅平から富山まで

*紀行記は、鉄道のページでご覧ください。  欅平で黒部ルート見学会が終了した。その日のうちに帰ることも可能だったが、富山に1泊する。ルートは、欅平(黒部峡谷鉄道)→宇奈月(徒歩)宇奈月温泉(富山地鉄)→新魚津(徒歩)魚津(あいの風とやま鉄道)→高岡(万葉線)→末広町→高岡(とやま鉄道/IRいしかわ鉄道)→金沢(つるぎ号)→…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒部ルート見学会(1)/黒部第4ダムまで

*紀行記は、鉄道のページでご覧ください。  黒部ルート見学会の集合地は、関電トロリーバスの黒部ダム駅に午前10時30分。いまは北陸新幹線が開業したおかげで、1番列車で出発するとたどりつける。  東京駅に6:16分発の「かがやき501号」が入線してきた。JR東のE7系である。  長野まで乗車した。車内では隣席のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線並行在来線(4・終)富山地鉄富山市内線

  *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。   富山地方鉄道富山市内線は、旧富山駅前から新幹線高架下へ100mほど路線が延びた。わずかな区間ながら、2方向へ同時発車が出来る配線となった。  まずは富山駅から大学前行きに乗車する。富山名物の幕板部分の広告がいかめしい。  大学前行きは右側の出発線を使って発車し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線並行在来線(1)しなの鉄道

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。  「週末パス」の余った1日をどうしようかと迷ったあげく、北陸新幹線の開業とともに切り離された並行在来線を利用して、富山地方鉄道市内線を訪ねてくることにした。  乗車したのは北陸新幹線の初発「かがやき501号」である。先頭車ではアテンダントが恭しく乗客を招き入れていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「週末パス」で仙石東北ライン、北陸新幹線並行在来線

 東日本大震災の津波災害で不通のままだった仙石線・高城町-陸前小野間が5月30日に復旧した。高台移転(陸前大塚-陸前小野間)と共に、東北本線の塩釜と仙石線の高城町をつなぐ連絡線が開通し、新たなルートが出来上がった。あわせて3月21日に運転再開した石巻線終点の女川駅を再訪してみたい。女川駅は津波で壊滅した旧駅から200mほど石巻寄に移転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸ツアーその2(能登ロイヤルホテル)

 ⇒紀行記は、「鉄道のページ(その2)」でどうぞ。  このツアーは2泊ともダイワロイヤルホテルに泊まる。1泊目は能登。ロビーにはいると係員がテキパキと客扱いをしていた。その横で何か大きな声で案内している女性係員がいた。何だろうと思ったら、部屋のランクアッププランの説明だった。団体客向けにもやるんだ。数部屋のランクアッププランが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸ツアーその1(1日目)

  ⇒紀行記は、「鉄道のページ(その2)」でどうぞ。  5月8~10日に阪急交通社が主催した2泊3日のツアーに参加して来た。ツアーなので自由行動はできないが、開業以来未乗だった北陸新幹線に全線走破した。  東京発8:36分発の「かがやき505号」は、「あさま604号」の折り返し運用だ。テッセイ(清掃係)が迎え入れる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線の旅

 連日開業話題が続いている北陸新幹線。開業から2ヶ月も経てば落ち着くだろうと、観光をかねた北陸行きを企画している。1回目はツアーで、2回目は黒部ルート公募の結果待ちで実施する。 ・1回目/5月8日(金)~10日(日)、阪急交通社ツアー ・2回目/6~8月、関西電力黒部ルート見学会  1回目は新幹線で往復して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more