養老鉄道D25編成が東方操車場(台車振替場)へ入る(3)

 *このブログは画像のみです。紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。  東方操車場の中で行ったりきたりして、最終的には20号線に停車しました。ここで3班に分かれて下車となります。  前面貫通路が開けられ、ハシゴを使って下車しました。  係員がついてハシゴを支えています。  これが降りたところから見た電車の全景です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養老鉄道D25編成が東方操車場(台車振替場)へ入る(2)

 このブログは画像のみです。紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。  多度を出てしばらく行くと近鉄とJRの立体交差が見えてきました。ここで右分岐して東方操車場へ入りました。  右側には台車振替場が見えました。  構内を進みます。  もう少し進みます。こちらは桑名方から東方操車場へ入るポイントです。  そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養老鉄道D25編成が東方操車場(台車振替場)へ入る(1)

 このブログは画像のみです。紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。  養老鉄道で東方操車場(台車振替場)へ入るイベントが催されました。乗客を乗せたままこの操車場へ入ったのはおそらく初めてのことだったと思います。  帰路の西大垣車庫には、取って代わる東急7700系が留置されていました。   ************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小湊鉄道五井駅構内線トロッコ列車出庫走行(2)

 *乗りある記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  このブログは全国の車庫線、貨物線、出入庫線など普段は乗れない線区の乗車を目的にしている。今回のトロッコ列車乗車は、トロッコだから乗りに来たのではなく、五井機関区の出入庫線を走るとあってのことである。キハ200でも充分なのだ。でもトロッコ列車には乗ったことがなかったのでプラスアル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小湊鉄道五井駅構内線トロッコ列車出庫走行(1)

 *乗りある記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  小湊鉄道の五井機関区などが千葉県の「ちば文化遺産」に指定され、それを記念して五井機関区や保存SL、鍛冶職場建物などの見学会が行なわれた。その際、五井機関区から五井駅ホームまでの構内をトロッコ列車が旅客を乗せたまま入換運転で走行した。これはぜひ乗ってみたい。あわせて、普段は上総牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏貨物線走破の旅(2)

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。  大宮駅で乗務員が交替したあと、貨物線の旅は後半戦に入る。  大宮を出ると鉄道博物館脇を通過する。先般新館がオープンしている。  テッパク名物のキハが見えた。  新幹線の高架下あたりで川越線に合流する。   川越線下り線へ入った。  南古谷の手前で川越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都圏貨物線走破の旅(1)

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  最近の「クラブツーリズム」は鉄道ファン向けのツアーを数多く開催するようになった。それだけ需要があるということは結構なことだ。今回開催される首都圏貨物線ツアーは全て走破した区間だが、細かく見ると気になる点が多々ある。例えば、新金線の総武快速線へ合流地点、北馬橋支線の常磐快速線への合流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥尻島への旅(その3)

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  3日目はニセコ東山温泉のヒルトンホテルから、神威岬~島武威海岸~小樽自由散策~新千歳空港と回りました。  バス2台で出発しましたが、2号車が先行。参加者の一人が部屋の冷蔵庫に忘れ物をしたとかで、いったんホテルに戻りました。  ホテルから2時間余で神威岬に着きました。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥尻島への旅(その2)

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  美味しい朝食をいただいたあと、9時前に島内観光に出発しました。球島山展望台、賽の河原、宮津弁天宮、うのまる公園などを巡って奥尻港に行きました。   宮津弁天宮です。  うにまる公園のモニュメントです。  江差港からフェリー「カランセ奥尻」が到着しました。客扱いした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥尻島への旅(その1)

 *乗りある記(奥尻島)は、こちらへ  鉄道乗り歩きではありませんが、JTBのツアーで奥尻島へ行ってきました。新千歳空港まではANA機で、島へはハートランドフェリーでバスごと航そうして島内観光をしました。 <1~3日目までのダイジェスト>  ハートランドフェリーの奥尻港に着きました。タラップによる乗降でした。  港か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜工新幹線、東京~浜松工場~東京間を初運行(3)

 浜工新幹線ツアーは、浜松工場だけでなく、浜松エアパークも訪問する行程が組まれています。浜松市街から20分ほどのところにある航空自衛隊浜松基地のことです。エアパークから浜松工場へ戻って、帰りの浜工新幹線に乗車しました。  JR浜松工場からエアパークへ移動するのに、バス駐車場へ向かいます。正門を出て直ぐなのですが、そこは先ほど通過し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜工新幹線、東京~浜松工場~東京間を初運行(2)

 *乗りある記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  私としては2015年の初運行以来となる浜工新幹線に乗ってきました。再乗車したのは、今回の浜工新幹線が東京方から浜松工場へ入線したからです。さらに、帰路は浜松工場発で東京まで初運行されました。旅行会社4社からツアーが出ました。そのうち往復とも浜工新幹線に乗車するJTB旅物語のツア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜工新幹線、東京~浜松工場~東京間を初運行(1)プロローグ

 *詳細は、追って「鉄道のページ」でご覧下さい。  JR東海の恒例行事「なるほど新幹線、発見デー」で運行されている浜松工場直通の臨時団体新幹線。今年は東京から運行され、浜松駅上り2番線(浜松工場への回送線が分岐)へは東京方のポイントから入線した。  東京駅から貸切団体新幹線が「ひかり497」号の影スジで運行されました。旅行会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台港クルーズ船アクセス列車(3)

 *乗りある記は、『鉄道のページ』でご覧下さい。  陸前山王駅では貨物側線に停車しています。旅客ホームを眺めます。  上り線に電車が停車しました。  サイドチェンジです。  松島観光協会の案内係の方も同乗しています。  松尾芭蕉と一緒に車内アナウンスです。  「おもてなし」の一つとして和菓子が配ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台港クルーズ船アクセス列車(2)

 乗りある記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。  いよいよ乗車開始です。おもてなし隊に迎えられて乗り込みます。松尾芭蕉や伊達政宗です。  地元メデイアが取材していました。私としては仙台市電が廃止されたときに市電車庫で遭遇して以来の東北放送でした。  みのりの車内はリゾート列車に大改造してありますが、運転台はキハ48…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台港クルーズ船アクセス列車(1)

 びゅう東北が募集した「仙台港クルーズ船アクセス列車」に乗車してきた。飛鳥Ⅱのクルーズ客より鉄道ファン向け団体ツアーの方が多数乗車していた。  仙台埠頭駅に臨時に架設されたホームに据え付けられたキハ48「みのり」の3両編成。  仙台臨海鉄道内はタブレット閉塞で運行された。  *鉄道コムのHP   ******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横須賀線で津波避難訓練列車を運行

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください。  既報のとおり、9月1日の防災の日に津波避難体験の列車ツアーが横須賀線で開催された。乗客1500人余がホームのない番線へ入線したE217系11連から線路へ降りる訓練を行なった。これほど多くの一般公募の乗客を使った模擬訓練はJRとしても初めてのことだったと思われる。  避難訓練とはい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

養老鉄道~近鉄、台車振替場へ入線

 近鉄桑名駅に隣接する東方操車場へ養老鉄道のさよなら臨時列車が入線します。ここは狭軌の養老鉄道車両を、標準軌の近鉄塩浜工場へ回送するために設置された台車交換場です。過去に見学会はあったように記憶していますが、乗客をのせたまま入線するのは初めてではないでしょうか。このイベントは東急7700系の導入で廃車となる車両(D25編成<モ625-サ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小田急複々線区間を走破

 すっかり遅くなってしまいましたが、この3月に複々線化が完了した小田急電鉄代々木上原~登戸間を本日走破してきました。ファンの方はもう旧知のことばかりでしょうが、私にとっては久々の小田急でした。  まずは新宿から新百合ヶ丘まで快速急行(片瀬江ノ島行き)に乗車しました。いわばロケハンです。新百合ヶ丘からは各駅停車で新宿まで戻りました。実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台港クルーズ船アクセス列車一般客にも開放

 7月27日のブログで書いたとおり、秋田港線に続いて仙台港でもクルーズ船に接続するJRの団体列車が運行されることになった。特筆されることは、客船利用客ばかりでなく、一般客でも乗れることである。びゅうツアーズ東北が開催する企画旅行で、一般客は仙台駅に集合してバスで仙台港へ向かい、仙台臨海鉄道の仙台埠頭駅からクルーズ列車で東北本線の松島駅ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more