東銀座駅

 所用で東銀座まで出かけてきた。久しぶりの都心である。都営浅草線の東銀座駅(西馬込方面ホーム)で下車してコンコースに出ると、歌舞伎座の地階・土産物屋街につながっている。

 ここはお隣の宝町駅と同様に、昭和通りの地下にホームが建設され、上下線の間には首都高の立体交差部分(アンダーパス)と地下駐車場が割って入っている。そのため、上下ホームを見渡すことが出来ず、また、改札も上下別々になっている。昭和38年の東京オリンピック開業に先立って開業したが、今となっては珍しい構造だろう。

 地下線内に物理的な壁があるため、当初の開業区間終着だった東銀座駅にはポイントが設置できず、電車は1つ先の汐留信号所(いまの新橋駅)まで回送して折り返していた。

都営東銀座駅.jpg
 西馬込方面ホームで降りる。上下ホームはかなり離れている。京成から乗り入れてきた3700型の西馬込行きだ。

東銀座歌舞伎座.jpg
 地上に上がると歌舞伎座がある。背後は歌舞伎座と一体となって開発された歌舞伎座タワーの高層ビルがそびえ立つ。

 歌舞伎座周辺はオフィス街であり、昔からの町並みが残る地区でもある。おいしそうな庶民的な食べ物屋さんが点在していた。歌舞伎座の正面には南海電鉄の東京事務所のビルがある。

 帰りは銀座4丁目まで地上を歩く。三越銀座店は地下食料品売り場だけしか営業していない。銀座線銀座駅から東京メトロに乗車。日本橋乗換えの東西線で帰宅した。

"東銀座駅" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント