静岡貨物駅

 静岡アフター・デステイネーションキャンペーン特別企画の一環として、静岡ホビーショー会場へ行く臨時急行列車が、ツアーとして発売された。行程は熱海から静岡貨物駅を経由して東静岡まで、373系3連「ホビーのまち静岡トレイン」が走る。旅行会社3社(JR東海ツアーズ、阪急交通社、クラブツーリズム)のうち、まずはクラブツーリズムから発売された。

 昨年は名古屋駅から浜松貨物駅経由で静岡運転所まで運転されたが、ことしはJR東海の境界駅である熱海駅始発で運行される。しかし、臨時急行を組み入れて1泊2日のツアーとなるように、付随する行程が何とも多い。そして、代金が極めてお高い。この他にも2社から発売されると思われるので、よく見比べて参加したい。

<ツアー名>
 静岡アフターDCキャンペーン特別企画・「ホビーのまち静岡トレイン」乗車と「大井川鐵道SL列車」夜間貸切特別乗車2日間
<期日>
 5月16日(土)~17日(日)
<価格>
 35、000円
<催行>
 クラブツーリズム

静岡116(連結1).jpg 昨年の373系の臨時列車。静岡運転所内にて。


*ところで、新型肺炎の蔓延で、様々な種類の催しが中止されている。私が参加を予定していた3/11の鉄道友の会主催の近鉄特急「ひのとり」試乗会(近鉄名古屋発→伊勢若松往復)も残念なことに早々に中止となった。

"静岡貨物駅" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント