北陸地方連絡線の旅(その6終)/快速べるもんた氷見号

 *紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。

 高岡駅氷見線ホームに転線したべるもんた号は、14:25分に氷見へ向けて発車した。

画像
 これが「べるもんた号」の車内。走るギャラリーというのだそうだ。

画像
 つり革の付け根には高岡名物の彫金が施されていた。

画像
 車内では富山湾の寿司が食べられる。富山観光ネット予約が基本だが、当日その場でも十分注文できた。

画像
 雨晴海岸が見えてきた。雪を頂いた立山連峰がきれいだ。

画像
 弁慶岩では一時停車した。

画像
 氷見に到着した。ボランテイアガイドさんの見送りを受けて下車した。

画像
 氷見は側線があるものの、行きどまりホーム1面だけの駅だった。

画像
 ホーム端の行きどまり部分には腕木式信号機などが保存してあった。

画像
 帰路もべるもんた号に乗車した。行きとおなじく弁慶岩の前で観光停車した。

画像
 途中の伏木周辺は工場街だが、リサイクル工場に鉄道車両の廃車体が見えた。

画像
 やがて北陸本線、じゃなかったあいの風とやま鉄道が合流してきた。

画像
 終点の高岡に着いた。到着ホームはあいの風とやま鉄道の6番線だった。

画像
 JR氷見線ホームには氷見線ローカルのキハ47が回送されてきた。とても同じ形式の車両だとは思えない。


 高岡到着とともに、きょうの乗り歩きの目的が達せられた。これから帰るが、高岡駅の万葉線を見学してみた。

画像
 ちょうと越ノ潟行きが出発していった。万葉線は15分間隔運転、JR駅舎内に線路が敷き込まれて福井駅より格段に便利だ。

画像
 万葉線の高岡駅を観察してみると、路面電車ながら剛体架線になっていた。

画像
 富山から「かがやき510号」に乗車した。空いていた。

画像
 富山駅の駅ビル名店街でますの寿司を2つ購入した。

画像
 帰宅後その1つを食べてみた。青山総本舗という業者で、路面電車が描かれていた


"北陸地方連絡線の旅(その6終)/快速べるもんた氷見号" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント