桜満開上野公園2021年

 桜が満開になった。例年よりも2週間も早いという。そこで今日、モーニングライナーで京成上野駅に到着後、上野公園の桜の開花状況を見に行ってきた。

 スカイライナーの回送を兼ねて運転されるモーニングライナー204号。きょうはAE1編成がやってきた。津田沼駅手前のJR線との交差部では上りの総武快速線(幕張区出入庫線)回送が通過していった。船橋のJR交差部では緩行線の信号がYGを点していた。青砥での押上線との立体交差部では京急車が到着するところだった。町屋では都電荒線と交差した。いずれも他社絡みなのに、いつも通り、ほぼ時刻どおり運転されている。日本の鉄道は正確かつ優秀である。

 京成上野駅に着くと、階段を上がって上野公園に行く。桜が満開でみごとである。

上野公園さくらメトロ.jpg
 桜並木には賛助会社のちょうちんがぶら下がっている。京成、JR、地下鉄とも協賛しているようだ。そういえば、メトロの本社は上野駅前だった。

上野公園さくら大通り.jpg
 今年は座り込んで花見が出来ないように東京都が一方通行の区分規制をやっている。座り込めないような対策も。まだ早朝なので人出は大したことないが、早朝散歩やジョギングなどで思った以上に人が歩いていた。

上野公園さくら不忍池.jpg
 不忍池の中を歩く。上野寛永寺のお堂から延びる中洲の両側は桜並木になっている。みごとである。

上野公園さくら東天紅.jpg
 中洲から西側を眺める。中華料理の銘店「東天紅」は大きなビルに建替えられていた(2015年とのこと)。子供のころよくバイキングを食べに連れてきてもらったが、いまは大宴会場などを併設する大型施設に変わっているようだ。

 不忍池から千代田線油島駅まで歩く。千代田線はメトロ、JR、小田急の車両がやって来る。きょうは小田急4000形相模大野行きだった。上野で相模大野と聞くとまだまだ違和感がある。小田急車はJRのE233系をベースに作られたとのことだが、小田急独自の主張がところどころに垣間見えて微笑ましい。

 車体構造ではないが、車内の号車表示がどちら方向が1号車なのか示されていて小田急らしい。でも、「総合車両製作所」製のメーカープレートを見ると、本当に小田急車??と思ってしまう。

秩父宮さくら満開.jpg
 こちらの桜は上野公園ではなく、港区の秩父宮ラグビー場の桜の木である。上野同様に満開だった。

上野公園さくら満開3.25.jpg
 2日後の3/25、桜並木の中央部まで歩いてみた。ここからJR上野駅公園口へ抜け、帝都高速度交通営団の本部、じゃなかった東京メトロの本社ビルを眺めて銀座線に乗車した。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント