2007年日本の鉄道完乗までの軌跡(1)

 私は2007年に日本の鉄道を完乗しました。しかし、昨年末に開業した沖縄ゆいレールの延長区間(首里~てだこ浦西間)が未乗のまま残っていますので、ぜひとも乗りに行かなければなりません。また、長崎駅が高架化され大幅に移転しましたので、こちらも乗り直しが必要と判断しています。さらに、三陸鉄道の災害復旧区間はあらたに路盤から作り直して、旧線とは…
コメント:0

続きを読むread more

藤原義弘著「三池炭鉱専用鉄道の略歴と機関車」が刊行

 さる5月7日に運行を終了した三井化学専用線、その前身の三池鉄道の著書が自費出版で発行されることにりました。著者は炭鉱電車保存会代表の藤原義弘さん。6月中旬発行で、大牟田市内の書店のほか、東京の書泉グランデ、大阪の旭屋書店で扱う予定とのこと。(B5版・113ページ)  三池鉄道は100年の歴史を越える産業鉄道で、一時は地方鉄道法に…
コメント:0

続きを読むread more

炭鉱電車保存会

 三井化学専用鉄道(三池鉄道)は、5月7日限りで運行が終わりました。貨物専用鉄道でしたので、注目を集める機会が少なかったようですが、128年もの間、しかも古典的な電気機関車を現役として使用し続けてきた意義は大きいと思います。  この鉄道の動態保存に向けて、この4月に「探鉱電車保存会」が発足しました。単に鉄道ファン的視点だけでなく、…
コメント:0

続きを読むread more

三池鉄道128年の歴史を終える

 さる5月7日、福岡県大牟田市にある三井化学専用線(三池鉄道)が鉄道運行を終えた。この貨物専用線は1891年に七浦坑~横須浜間で始まった蒸気機関車による石炭輸送がルーツである。当時の石炭は横須浜から小型船(はしけのようなもの)に積み込まれ、有明海の対岸にある長崎県の口之津港まで運ばれて大型船に積み替えられていた。有明海は潮の干満の差が9…
コメント:0

続きを読むread more

1969年の高校修学旅行

 高校の修学旅行は2年次の秋に実施された。中学のときから2年しか経っていないが、修学旅行専用電車「ひので」号から新幹線利用が当然の時代となった。「ひので」号は最晩年期を迎えており、翌々年廃止される。あちこち聞いてみたが、「ひので」を利用したのは東京都の公立中学校だけで、周辺の横浜や千葉の中学校では新幹線だったとのこと。また、両国中学校の…
コメント:0

続きを読むread more

1969年の九十九里鉄道廃線跡

 1969年、私は高校2年生になった。学期始めの5月の課外学習(遠足)は、千葉県の九十九里浜にある片貝海岸だった。訪問先は生徒会で自由に提案できたが、私は誰が提案したんだと不満タラタラだった。今はサーフィンのメッカになったが、当時は知らない。  貸切バスで東京から九十九里浜の片貝海岸まで行き、現地では自由行動となった。海岸にある海…
コメント:0

続きを読むread more

1968年の玉電

 高校生なって初めての旅行は、6つ下に記した福岡行きだったが、友人と乗り歩きもやっている。普段の行動範囲が下町だったので、山の手地区の鉄道には疎かった。そこで中学からの同級生だったS君と一緒に玉電に行ってみようということになった。彼は毎日渋谷まで銀座線で通学していたので土地勘があった。  玉電=東京急行玉川線は国道246号線を渋谷…
コメント:2

続きを読むread more

1967年の関西修学旅行

 中学3年生の修学旅行は1967年の5/27~30に京都・奈良方面で実施された。受験があるので春に実行したのだろう。 (1)ひので号のうた  まずはこの歌をお聞きください。  *「ひので号のうた」  この歌はNHK「みんなの歌」で1963年4月から放送された。私は大牟田市在住のまだ小学生のときに聞いている。歌…
コメント:0

続きを読むread more

1966年の水上・新潟行き

 1966年の中学2年生の夏休みは、水上温泉と新潟へ出かけてきた。乗車券から8/3~6に水上1泊、新潟2泊で出かけたものと思われる。直前に妹が熱を出したが、かかり付け医に相談してから出かけた。1家4人と福岡から出てきていた祖母の5人旅である。乗車券は父が交通公社浅草支店で手配した。普通周遊券になっていた。佐渡が入ったコースだった。新潟は…
コメント:0

続きを読むread more

1965年の大阪行き(初の新幹線)

 1965年8月の夏休み、我が家は一家で奈良・大阪・京都へ出かけた。私は墨田区の両国中学校の1年生。残っている乗車券の日付から8/3~8/7の行程だったと思われる。いまなら新幹線ということになるが、自動車である。まだ東名高速道路は開業前で、一般道を延々と大阪まで走った。たいへん貴重な体験だった。なぜこんな無謀なことをしたのかというと、父…
コメント:0

続きを読むread more

1964年の林間学校(日光)

下の記事を書いたあと、当時のアルバムが出てきた。私は手書きで行程を記録していた。それによると、期日は7/26~28とある。東武日光軌道線車補のパンチ穴から7/25~27と判断したのだが、1日違っていたようだ。 (1日目)学校~都電~東武浅草駅~東武日光~華厳の滝~いろは坂~中禅寺湖~遊覧船~養魚場~竜頭の滝~戦場ヶ原~白樺荘(泊)…
コメント:0

続きを読むread more

鉄道ピクトリアル臨時増刊「私鉄車両めぐり」(1966年)

 手元に月刊誌「鉄道ピクトリアル」7月号臨時増刊「私鉄車両めぐり」(通巻186号/1966年)がある。記憶をたどれば、書店の店頭で購入したものではなく、西千葉駅の千葉大学東門そばにあった書店<メジカル書院西千葉店>が配達してくれたものである。鉄道趣味誌を書店で買う習慣がなく、本屋さんは定期購読者に配達もしくは取置きしてくれていた。千葉大…
コメント:0

続きを読むread more

1968年の福岡行き

 1963年(前の東京オリンピックの前年)、私が小学校5年生の時に一家をあげて上京してきたが、1回目の帰省は1968年であった。私は高校1年生になっており、夏休みに一人で福岡の祖母の家に行った。「よんさんとお」ダイヤ改正の直前の夏だった。  心配だったのか、父が東京駅の新幹線ホームまで見送りにきた。当時の東京~九州間のメインルート…
コメント:0

続きを読むread more