長岡車両センター回送線ツアー(2)

 このブログは画像のみです。紀行記は「鉄道のページ」でご覧ください

 E129系のお迎え電車から下車して、長岡車両センターの見学が始まります。展示されている車両は、除雪車両でした。雪国特有の車両で首都圏では馴染みがありませんが、積雪地域では必須のものでしょう。

画像
 DD14という雪国以外では見かけないデイーゼル機関車が転車台に乗って回っていました。

画像
 全国で43両製造されたというが、一般にはなじみの少ない機関車ですね。既に休車中です。向こう側は双頭連結器を装備したEF64のようです。

画像
 転車台のそばまで近づきました。

画像
 ロータリーとの連結部分です。

画像
 ロータリーの内部も眺めます。

画像
 軌道カートが置いてありました。走行はしませんでしたが記念撮影はOKでした。

画像
 こちらは屋内に置かれたDE15です。ラッセル車です。

画像
 ラッセル装置との連結部分です。既に休車中なので連結器がむき出しに出ています。

画像
 DD14もDE15も既に休車中で、いまはこのENR1000型が使われているそうです。鉄道車両ではなく保線機械なので運転士ナシで運転できます。

画像
 車両センター内の見学を終えて、送迎電車に戻りました。乗車は最後尾1ドアーのみです。渡り板が渡してありました。

画像
 12:46分に発車しました。

画像
 最前部に係員が立って色々と説明をしてくれました。

画像
 出入庫線から左側の本線の合流します。

画像
 長岡駅ホームに着きました。Dコック操作で下車します。

画像
 長岡駅5番線です。

画像
 添乗員さんに連れられて、いったん下車しました。

 長岡駅に隣接する長岡グランドホテルで昼食をとりました。途中歩いた駅周辺は雪に全くぬれずに歩けるなど、公共施設には目を見張るものがありました。ホテルの食事はステーキでしたが、かたくで噛み切れない肉でした。三々五々駅に戻りました。


画像
 先ほどの同じホームから信越本線の普通列車に乗車しました。団体が乗って大丈夫かしらと思っていましたが、6両もつないでいたので平気でした。鉄道ファン同士の会話が弾んで楽しい車中でした。

画像
 新津駅で見かけた「ノリホ」投入箱です。どういう使い方をされているんでしょうかね。

画像
 新潟に着きました。新しい高架駅になって初めて経験しました。

画像
 高架化で実現した新幹線~在来線と並行接続ホームを見学。中間に自動改札機だけは置かれていました。

画像
 上越新幹線は現美新幹線(とき456号) に乗ります。山形新幹線E3系の転用です。

画像
 せっかくの現美新幹線でしたが、満席立ち客まで出る混雑で、車内の芸術鑑賞などとは縁遠い雰囲気でした。

画像
 浦佐で後続の「とき」号に抜かれました。

画像
 越後湯沢に着きました。現美新幹線はここまで。E2系の「とき」号に乗り継いで東京へ帰ってきました。

 今回の長岡車両センター回送線の旅で、今年の乗り歩きはオシマイです。来年はどんな線区にのれるでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック