小田急南新宿の踏切

 小田急電鉄は新宿を出ると直ぐに踏切がある。他の鉄道会社ではあまり見られない。先日ぶらりと歩いてきた折に、カメラに収めてきた。

画像
 小田急線が新宿駅を出ると、地上~地下ホームの線が合流する。その手前に新宿1号踏切がある。4線あるのでラッシュ時には開かずの踏切となるが、自動車の通行量はそれほど多くないので目だった渋滞にはならない。以前は経堂と並んで踏切警手のいる有人踏切であった。

画像
 地上~地下線が合流したところで新宿2号踏切を通過する。以前の南新宿駅はこの画像の手前(新宿寄り)、つまり新宿1号踏切と2号踏切の間にあった。ホーム有効長が短かったので、NHE(2600系)は1両締切扱いをしていた。踏切の左側には山野美容学校がある。

画像
 新宿2号踏切脇の人道橋から新宿方を見たところ。ここにかつての南新宿駅ホームがあった。

画像
 南新宿駅ホームを出たところにある南新宿2号踏切。人だけしか通行できない。

画像
 ホームと踏切との位置関係はこのようになっている。南新宿駅は大ターミナルから1駅だけしか離れていないが、駅前広場はなく駅前商店街も形成されていない閑静な住宅地に中の駅である。

 南新宿駅は新宿駅から歩くよりもJR代々木駅からの方が近い。ビックリしたのは駅前にあった代々木ゼミナールの校舎が解体中だったこと。受験産業も様変わりの最中だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たかよし
2018年11月20日 08:34
あ~懐かしいですねぇこの踏切。スズキスポーツからの帰り道に通ったことあります。
railway
2018年11月22日 05:45
 周辺は歩くと足が止まるいっぱい飲み屋や、反対に瀟洒なレストランなどがあり、下町と山の手が混在する雰囲気がありますね。

この記事へのトラックバック