快速秀吉号で愛環走破の旅(4)

 このブログは画像のみです。紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください

画像
 車内では乗車記念券が配られました。左からJR東海、JR東海名古屋運輸区、クラブツーリズムの乗車証明書。クラブツーリズムのものは硬券で、<CT>というの地紋が入っていました。

画像
 車内では愛環区間にも関わらず乗務を続けていたJR車掌さんと武将隊とが記念撮影に回ってきました。

画像
 愛環の中心駅・新豊田に着きました。名鉄線との乗換え駅です。

画像
 瀬戸口でドアーが開きました。地元の販売品が飛ぶように売れていました。

画像
 高蔵寺に着きました。愛環はここまでです。

画像
 運転士がJR社員に交替しました。

画像
 中央本線に入りますので、ホームではJR社員がお出迎えです。

画像
 愛環開業時には線路はつながっていませんでしたが、愛知万博のときに線路がつながり名古屋からの直通運転が始まりました。

画像
 中央本線に合流しました。

画像
 名古屋駅10番線に戻ってきました。5分遅れての到着でした。

画像
 ホームでは名古屋駅の駅員さんがハッピを着てお出迎えです。

画像
 出迎えの幕まで用意されていました。

画像
 ずっと添乗してきたJR車掌さんと武将隊の面々が最後のリクエストに応えていました。

画像
 列車は神領方へ回送されてゆきました。

 これで愛環通り抜けの旅が終わりました。帰りの新幹線まで3時間ほどあったので、名古屋城へ行ってみました。

画像
 天守閣は改装中なので入れません。新たにオープンした本丸御殿に行きましたが、待ち時間45分とのことで引き上げてきました。

画像
 帰りの車中で食べた駅弁は、ウナ玉寿司とひつまぶし巻きで美味しかったですよ。


 本丸御殿には次の機会に行ってみたいと思います。城外には金シャチ横丁という観光施設がオープンしており、名古屋名物の食堂には列が出来ていました。
 帰りは「ひかり」号で帰ってきました。詳しくは、紀行記をご覧ください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック