快速秀吉号で愛環走破の旅(3)

 このブログは画像のみです。紀行記は、「鉄道のページ」でご覧ください

 岡崎からは愛環へ入ります。乗務員が交替します。

画像
 岡崎駅1番線に停車するとJR車掌が降りて行き、代わって愛環の指導運転士が乗り込んできました。

画像
 次いでJRとの引き継ぎを終えた愛環の運転士が運転席につきました。

画像
 岡崎駅を発車しました。右側には2004年に張り付け線増された愛環線が単線で走っています。

画像
 岡崎駅1番線から東海道本線下り線に踏み出し、その先で上下本線の間にあJR~愛環連絡の渡り線を通過しました。

画像
 左側分岐は保線基地のようです。電車は真っ直ぐ進みます。

画像
 愛環連絡線は東海道本線上り線と立体交差します。

画像
 六名駅を前に愛環の本線が右側から合流してきます。昨夜はここを通過しました。

画像
 六名で愛環に入りました。

画像
 六名から4つ目、愛環の拠点駅・北野桝塚に到着しました。ここで名古屋以来初めてドアーが開きました。

画像
 名古屋から添乗してきた観光宣伝隊は武将隊以外が下車して行きました。

画像
 列車の方向幕は「臨時」になっていました。

画像
 列車が副本線に停車中、下り線に定期列車がやってきました。

画像
 上り線にも列車がやってきてここで離合するようです。

画像
 臨時電車は副本線に待避中です。


 (その4、へ続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック