仙台港クルーズ船アクセス列車(3)

 *乗りある記は、『鉄道のページ』でご覧下さい


画像
 陸前山王駅では貨物側線に停車しています。旅客ホームを眺めます。

画像
 上り線に電車が停車しました。

画像
 サイドチェンジです。

画像
 松島観光協会の案内係の方も同乗しています。

画像
 松尾芭蕉と一緒に車内アナウンスです。

画像
 「おもてなし」の一つとして和菓子が配られました。

画像
 お抹茶はちゃんと車内で立てられたものでした。なかなかの味わいでした。

画像
 陸前山王を反対方向へ発車しました。スタッフがお見送りです。

画像
 さきほど走ってきた仙台臨海鉄道が左へ別れてゆきます。

画像
 次に、東北本線上り本線を少しの間逆走します。

画像
 最後は下り本線に合流して仙台臨海鉄道乗り入れが完了しました。

画像
 乗務員室との仕切り壁には乗務員こけしが飾ってありました。

画像
 松島では仙石連絡線と分岐したあと、中線に入ります。

画像
 松島駅に到着しました。

画像
 「みのり」車体には10周年記念のステッカーが貼ってありました。

画像
 添乗員さんに連れて下車します。松島駅のホーム上屋の古レールには貴重なものがありました。

画像
 跨線橋の階段から眺めます。

画像
 「みのり」はこの後小牛田へ回送され、午後はクルーズ客を仙台まで運ぶようです。

画像
 歓迎の横断幕で出迎えていただきました。

画像
 自動改札の横の有人口から下車しました。ここで解散です。

画像
 松島駅舎です。駅前には町役場があるだけで、これといった土産物屋などはありませんでした。

画像
 クルーズ客の方々は宮交バスで松島見学へ行かれました。

画像
 松島から東北本線で仙台まで戻り、寿司横丁で握り寿司を食べました。大盛り1800円+くじらのさえずりを頂きました。

画像
 帰りも「こまち」号です。仙台駅から大量乗車がありました。

 久しぶりに、上野で下車しました。秋葉原乗換え船橋まで総武緩行線で帰りましたが、東京駅まで乗るよりいささか早いと感じました。

画像
 オマケは、何と都営5500系。京成への乗り入れが始まったばかりで、新車の香りがしました。最後まで充実した乗り歩きでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック