JR東海管内貨物線ツアー/その4(貨物線の旅・復路)

 *このブログは画像のみです。紀行記は「鉄道のページ」でご覧ください。

 関ヶ原駅で30分ほど停車した後、団体列車は名古屋へ戻ります。

画像
 関ヶ原駅に停車中の団体列車。東海道下り本線(新垂井線)を通過してきましたが、ここでスイッチバックです。

画像
 関ヶ原駅下り本線からは上り本線へは出発できません。ホームの出発反応信号機をご覧下さい。

画像
 反対側ホーム(東海道本線上り線)に回って編成全体を眺めてみました。

画像
 中間車のキロハ85です。

画像
 こちらは名古屋方の先頭車キハ85です。出発中継信号機が見えます。

画像
 関ヶ原駅の駅名票です。

画像
 跨線橋から名古屋方を眺めてみました。

画像
 関ヶ原駅側線のポイントは手動式でした。

画像
 いよいよ名古屋へ向けて発車です。上り本線ではなく、通称・垂井線を使って走行します。

画像
 走っている線が垂井線です。線路規格は85キロです。逆線走行しているように見えます。左側の線路は東海道本線上り線です。こちらの線路規格は110キロです。

画像
 垂井駅中線ホームに到着しました。

画像
 垂井駅中線から、本来の東海道本線上り線へポイントを渡ります。これで正規の路線に戻ったわけです。

画像
 激しい雨と暗くなったため画像は断念しました。名古屋駅に戻ってきました。団体出場で解散です。

画像
 名古屋に来たからにはきしめんを食べなくては・・・。中央コンコースの麵屋に入りました。


 このあと新幹線に乗ろうとしたら、掛川~新富士間で雨量規制を越えたため、全線で運行ストップしていました。困ったと思いましたが、直ぐに動き出す気配。ホームに停車していた直近の新幹線は混んでいましたが、駅間に停車中の列車が次々にホームに入ってきて、結果的に自由席車はガラガラでした。一人で2席を独占できました。所定より60ほどの遅れで帰宅できました。長らく新幹線を使っていますが、災害で運転中止に遭遇したのは初めてでした。いい勉強になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふぉ
2017年11月07日 19:23
2週連続の雨は辛いですね
自分はこの列車には乗車しませんでしたが、先日の名古屋市交通局の藤が丘工場のイベント列車に乗車しました。
新規の情報としては大阪市交通局がイルミネーション列車として中ふ頭駅の出入庫線への乗車イベントがあるようです。
railway
2017年11月08日 07:17
藤ヶ丘車庫線列車は抽選で外れたので乗れませんでした。乗りたかったですねえ。
 大阪市交の車庫線情報ありがとうございました。当たるといいのですが・・・。

この記事へのトラックバック