JR可部線延長と山陽新幹線デジタルATC化

 3月4日のJRグループダイヤ改正では、久しぶりの新線開業が行なわれる。いったん廃止された広島のJR可部線の可部駅から1.6キロ(可部~河戸帆待川~あき亀山間)が電化線として新線開業することになった。法規上は復活ではなく新規路線の開業扱いとなるが、いったん廃止された路線の復活は極めて珍しいと思われる。ともあれJRの新線開業とはおめでたい話ではある。

 可部線の延長区間に乗車すべく、JR東海ツアーズ、JALパック、ANA旅作などを当たったが、日本旅行が出していた「赤い風船のぞみスペシャル」で行ってくることにした。新幹線は限定列車だが、都合のいい時間帯に運転される。宿泊は駅直結の「ホテルグランビア広島」が空いていた。ツアーは「学生旅行」のジャンルで売り出されていたが、一般客大歓迎ということだったので利用してみる。事前にホテルに電話を入れてその旨を伝え、あわせて鉄道の見える部屋を希望しておいた。

 2/21に日本旅行からJR券とホテル券が郵送されてきた。マルス券は(契)乗車票で、乗車券部分は東京都区内~広島市内となっている。JR東海なら市区内制では発券しないのでありがたい。発行箇所が、(日)システムトラセとなっているが、はじめて見た。日本旅行システムトラベルセンターの略だろう。
 乗車する山陽新幹線は、この日のダイヤ改正でスピードアップされる。デジタルATC化が完了したので可能となった。数分の短縮なのでたいした時間短縮ではないが、何はともあれ、広島観光を兼ねて出かけてきたい。


画像
 新幹線指定券は日旅が持つマルスのカット券で発券された。往復とも2人掛け席が取れた。郵送されてきた案内状によれば、日旅扱いで1回だけ乗車変更が可能とのこと。

画像
 宿泊券は日旅の旅行業端末から「赤い風船」のホテル券として発券された。グランビアは京都に次いで2度目になるが、どんな設備のホテルだろうか。


 *JRグループダイヤ改正

 *デジタルATC化(JR西日本)のプレスリリース




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック