東武東上線「ブルーバード」号で4側線通過(1)

 *このブログは画像のみです。紀行記は「鉄道のページ」でご覧ください

 1/21(土)、東武東上線を全線走破する「ブルーバード」号に乗ってきました。使用車両はフライング東上塗装の50090型。会員制の貸切運行でしたが、普段は乗れない東上線にある側線を旅客を通過することにありました。事前の案内では下板橋、高坂、森林公園の3駅が予告されましたが、その他にも和光市~志木間は緩行線を走行、小川町駅の側線でのATC→ATS切り替え、終点寄居駅での手信号による入換運転(出発信号機を越えて停車するため)、途中駅でのDコック操作による乗下車などがあり、なかなか楽しめるツアーでした。

画像
 i池袋駅5番線へ入線してきた「ブルーバード」号。東上線開業以来初めて、10連で終点寄居まで乗り入れます。ホームの行先案内装置には「臨時・下板橋」と表示されていました。下板橋電留線へ入線するためでしょう。

画像
 寄居駅は4両対応ホームなので、先頭車が通常の停止位置に停車した後、係員の手信号によって10連の「ブルーバード」号は大きくホームを越えて停車しました。下車は一部のドアーからのDコック開扉でした。


・池袋駅南口改札前集合9:00
・池袋9:57→10:02北池袋電留線(運転停車)10:04→10:26志木(運転停車)10:30→10:46川越(運転停車)10:46→10:48川越市(運転停車)10:48→10:57坂戸(運転停車)10:57→11:03高坂(副本線/運転停車)11:04→11:10森林公園(トイレ休憩)11:44→11:48(森林公園研修区側線)11:52→11:58嵐山信号所(通過)→12:03小川町(副本線/運転停車ATC⇒ATS切替)12:04→12:12男衾(運転停車・交換)→12:18寄居(手信号入換で移動)
・寄居駅(徒歩)→寄居町中央公民館(トークショー等)



 *画像はこの後順次アップします。いましばらくお待ちください。
 *紀行記は「鉄道のページ」に記載します。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック