2016年の年末

 ことしも年末年始(12/30~1/3)は新宿の京王プラザに宿泊している。但し、父の介護のため新宿から千葉の老健へ通いながらの滞在である。

(12月30日)
 昼まで老健で父の昼食介助を行い、13時半過ぎに車で新宿へ向かった。首都高はガラガラで錦糸町、箱崎などをすいすい通過した。新宿ランプで外へ出てホテル玄関につけた。ベルボーイが荷物を降ろしてくれ、地下の予約してあった駐車場に車を置いた。京王プラザH駐車場は5日間留め置くと8万円近い料金が発生するが(宿泊者でも)、お正月プランなのでロハである。
 30日の宿泊は正月プランで前泊無料を利用した。但し、食事がついていない。デパ地下から買ってこようと思ったが、昨年同様に西口の居酒屋「はなの舞」に入って海鮮料理を食べた。


(12月31日)
 朝は京王プロムナードのバーガーキングからパンを買ってきた。実はマックなどのハンバーガーチェーンは利用したことがなく、もちろんバーガーキングも初めてである。朝食後に都営地下鉄新宿線の新宿駅まで歩き、冬の全線フリーきっぷ(500円)を利用して本八幡まで乗車した。
 駅の時刻表で京王線の終夜運転、都営地下鉄の早朝深夜の時刻を確認した。京王新線新宿駅5番線(本八幡方面行き)ホームからは、早朝深夜に各2本ずつ笹塚方面行き電車が発車する。逆線発車となる珍しい運用で、かねてから気になっていたが、まだ乗車したことがない。但し、新線新宿駅が開業した当時(昭和53年10月)は、ここで折り返していたわけだから乗っているに違いないのだが・・・。

画像
 早朝の2本に●が付いている。5番線からの逆線発車を意味している。

画像
 最終の2本も逆線発車である。

画像
 こちらは大みそかの終夜運転の時刻表。高尾山口まで迎光号などの臨時電車の運行の表示がある。5番線からの逆線走行もそのままである。

画像
 冬の1日乗車券は都営地下鉄限定ながら500円と格安である。本八幡単純往復に利用した。もっとも新線新宿駅は都営地下鉄の駅ながら企画きっぷは売っていない。このきっぷは大江戸線新宿駅の券売機で購入した。

画像
 ホテルへ戻ると、夕食はグルメバイキングをいただいた。和洋中華とアルコール類がフリーで付いている。車海老、ステーキ、アワビなどから食べ始めるなど、やはり貧乏人根性というべきか。

 夜のカウントダウンショーなど見ることもなく、20時過ぎには休んでしまった。よい正月になりますように。往復の都営新宿線は10000型の新型車。京成は往復とも同一編成の3600型に乗車した。3600型は8連運行で重用されているが、両端クハのため京急線への乗り入れが出来ない。発車~停車の際のショックが大きいので意外と早く淘汰されるかもしれない。


・新宿10:00(都営新宿線急行)→本八幡  *10000型10連(10-611に乗車)
・京成八幡10:38(京成特急)→八千代台  *3600型8連(3677に乗車)
・八千代台15:25(京成特急)→京成八幡  *3600型8連(3671に乗車)
・八幡16:00(都営新宿線急行)→新宿    *10000型10連(10-561に乗車)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック