連絡線・回送線への乗車

 ここへきて、普段は乗れない回送線、連絡線などに乗れる企画が出てきました。これらの線区は完乗記録上は乗らなくてもいいのですが、実際に旅客を乗せて走るとなれば乗ってみたいもの。なんとか走破してみたいと思います。


1.新幹線鳥飼車両基地回送線

 東海道新幹線からよく見える鳥飼基地への回送線に乗れるチャンスです。集客向けにはドクターイエローに乗れるがキャッチフレーズのようですが、乗り歩き派としてはそんなことはどうでもよく(ドクターイエローは既に見学済み)、回送線乗車に興味津々です。
 3社からツアーが売り出され、日帰りはJR東海ツアーズの子供向けツアーだけのようです。クラブツーリズムが一番種類が多く、高級志向の「ロイヤルグランステージ四季の華」まで発売されています。ただ、1泊2日のツアーにしてはどれも<とても高い>というのが正直な気持ちです。その中でJTB旅物語だけは意外と良心的価格でツアーを設定していました。
 なお、昨年同様に浜松工場回送線に、今夏も「浜工新幹線」が走るそうです。多くの人に<普段は乗れない回送線>の魅力が広がっていくといいですね。

 *クラブツーリズム
 *阪急交通社
 *JR東海ツアーズ
 *JTB旅物語


2.JR津山車両基地回送線

 おかやまデステイネーションキャンペーンの一環として、岡山から津山まなびの鉄道館まで臨時快速「みまさかノスタルジー号」が走ります。津山駅~鉄道館間に旅客を乗せたまま列車が走るのは初めてではないでしょうか。ツアーではなく、全国のみどりの窓口で発売したのは好感が持てます。普通乗車券のほかに指定席券510円だけで乗れます。但し、全車指定席です(2両編成)。

 *JR西日本のホームページ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック