北陸地方連絡線の旅(その4)/福井鉄道駅前ヒゲ線

 *紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。

 市役所前で下車したらホーム(安全地帯)には係員がいた。駅へ入る電車の時間を聞いたらいま出て行ったばかりという。そんなはずないと思ったら、電車自体がだいぶ遅れて運行されていたのだ。予定通りの電車で市役所前~福井駅の通称ヒゲ線に乗車する。

画像
 武生方面の電停から田原町方面の電停へ移動する。大通りの真ん中ながら自動車はほとんど通過しておらず軌道敷を歩いて乗り換えられた。まずは福井駅から来た電車が到着し、ここでスイッチバックして武生へ折り返していった。

画像
 越前武生行きが出て行ったあと、その武生からやって来た電車が市役所前に到着した。10分近く遅れていた。ここで福井駅へ向かうためスイッチバックする。

画像
 市役所前電停でドアーが開く。車高が高いのでステップが出る。反対ホームにいた係員もやってきて中間扉で客扱いしていた。

画像
 客扱い終了後、運転士がサイドチェンジした。電車はここでスイッチバックするため渡り線を下り方向へ入って行った。

画像
 武生方面行きホームに入った。先ほど乗った電車と同じアングルである。

画像
 ヒゲ線へ入るため運転士が身を乗り出して電停にあるポイント操作のボタンを押した。電車は左折した。

画像
 ヒゲ線は直ぐに単線になる。

画像
 駅前通りを進んでゆくと、途中で旧福井駅前駅(電停)があった個所を通過する。安全地帯は跡形もなくなっていた。

画像
 福井駅で単線の線路は再び複線になる。

画像
 福井駅電停に入ると、もう一つのホームに土佐電鉄から来た外国電車が止まっていた。

画像
 福井駅に着いた。全ドアーが開いて降車が行なわれた。中間扉は地上係員が対応していた。

画像
 福井駅の全景。2線になったが全般的に遅れが目立った。

画像
 電車はここで折り返して田原町まで行く。

 これで、えちぜん鉄道新幹線ホーム仮移転、フェニックス田原町ライン、福井鉄道駅前ヒゲ線の乗車が終わった。福井駅の高架下で昼食をとったあと、次の氷見線へ移動した。

 
画像
 JR福井駅高架下の食堂街で越前名物のおろし蕎麦を食べた。なかなかこしがあって美味しかった。

画像
 福井から金沢まで特急「しらさぎ5号」に乗車した。金沢に着いたJR西日本の681系。

画像
 金沢から「はくたか56号」に乗車して、新高岡で下車した。

 新高岡には初めて降りたが、駅前にイオンが進出している一方、城端線ホームの真横は田んぼだった。在来線に乗り換える。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

QJ7000
2016年04月22日 21:25
北陸地方連絡線のレポート、興味深く拝見しました。えちぜん鉄道と福井鉄道は私も2012年夏に乗車したのですが、乗り直ししなくてはならない箇所が3つも同時に出来てしまいました。しかしどれも面白そうで、私も機会を作って早めに福井に行きたいです。えちぜん鉄道の仮線では、高架上に構内踏切があるなんて初めて知りました。それと田原町駅はすっかり変わってしまいましたね。
railway
2016年04月24日 11:34
QJ7000様、
 えちぜん鉄道の仮線営業は、阪急京都線より長期にわたりそうですが、いつでも乗れると思っていると乗り損なうので、今回実行して見ました。
 田原町ラインや駅前ヒゲ線はせっかくの設備ながらダイヤ編成に問題がありそうで、ガラガラでした。もったいないですね。
 

この記事へのトラックバック