北陸地方連絡線の旅(その2)/えちぜん鉄道新幹線高架仮線区間

 *紀行記は、鉄道のページでご覧下さい。

 福井鉄道の福井駅前をざっと見渡しただけで福井駅へ戻る。駅前電停は数時間後に再訪する。福井駅の在来線高架駅の隣には北陸新幹線の高架構造物が完成しており、それを利用してえちぜん鉄道の高架工事が始まっている。

画像
 新幹線高架構造物の端を見てきた。上にはえちぜん鉄道のレールがしかれていて福井駅が仮営業している。

画像
 ホームに上がってみた。電車の車端から線路が切れる方向を眺める。

画像
 仮駅とはいえホームはしっかりとしていた。但し地上から高架線へ直接上がるため(中2階がまだない)階段がやたらと長かった。

画像
 運転台から前方を眺める。左はJR福井駅。

画像
 元JR東海車の三国港行き7000型2連で発車。福井駅への進入ポイントは2組のポイントを並べただけの単純なものだった。前方に見えるのは新福井駅ホーム。

画像
 新福井の次の福井口駅手前から高架線を降りてゆく。

画像
 福井口で勝山方向と三国港方向とが分岐する。右が勝山、左が三国港、真っ直ぐは車両基地への回送線。

画像
 福井口からJR線を乗り越え、やがて田原町駅に至る。左に福井鉄道の電車が見えた。のちほどここまで戻ってくる。

画像
 左から福井鉄道が合流してくる。フェニックス田原町ラインの真髄である。

画像
 乗った7000型電車の天井を見上げると、扇風機に<JNR>マークが残っていた。

画像
 鷲塚針原で下車。右側に折返し線が新設され、低床車が止まっていた。

画像
 鷲塚針原駅は農村地帯にある瀟洒な駅舎だ。

画像
 鷲塚針原駅は何と「登録有形文化財」だった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミスターK
2016年04月19日 07:44
鷲塚針原駅は折り返し線が新設されたのですね。これは気になります。当初は福大前西福井で折り返しつもりだったのですが計画変更です。
railway
2016年04月19日 09:46
えちぜん鉄道のHPに詳細なフェニックスラインのパンフがPDFで各駅の配線図も載っています。かなり参考になります。

この記事へのトラックバック