黒部ルート見学会(8)/富山地鉄市内線・直通大学前行き


紀行記は、鉄道のページでご覧ください。


 翌朝は雨が降っていた。傘を差してホテルから総曲輪まで歩く。電車通りに面した地元のパン屋でコーヒーを飲む。これから乗る電車は、あさ1本だけ運行されている「直通・大学前」行きである。新幹線開業と共に路面電車の線路が新幹線下に延長されたので、デルタ線が出現した。しかし、南富山駅→大学前方向は富山駅に入る線を経由するため、使われなくなった。全列車が富山駅経由かと言うと、1本だけ富山駅には入らない大学前行きが運行されている。これに乗ってみようというのが今回の乗り歩きの趣旨である。


画像
 総曲輪まで歩くと、ほぼ5分おきに電車がやって来る。

画像
 総曲輪アーケードの一番端にある地元の焼きたてパンのお店に入ってコーヒーを飲んだ。電車はかろうじて見える。

画像
 時刻表に従って電停に出ると、1本前の「大学前」行きがやってきた。サントラム連接車での運行である。

画像
 続いて「直通・大学前」行きが7000型でやってきた。きょうは女性運転士だ。

画像
 方向幕は色つきだ。誤乗防止だろうか。

画像
 車内に入ると運転台には方向幕順序が掲示してあった。

画像
 新幹線開業前までは全列車がこの線を走っていたが、いまは朝1本だけが富山駅デルタ線を左折する。

画像
 富山駅から出てきた線と合流する。

画像
 富山駅の全景が眺められた。

画像
 やがて1本前を走っていたハズのサントラム大学前行きが追いついてきた。富山駅に立ち寄っている間に追い越されていたのだ。

画像
 大学前終点の折り返し線は1本しかないが、サントラムはあとから進入してきた。

画像
 ぴったりくっ付く。ここで発車順序が変わり、折り返しはサントラムが先行する。

画像
 今度は先行するサントラムに丸の内まで乗車した。乗換券をもらって下車。

画像
 丸の内交差点で後から来る南富山駅行きがやってきた。さきほど乗った型である。

画像
 都電7500を模して作られた7013号車は意外とスマートな車体だ。

画像
 丸の内電停で早朝の市内電車乗り歩きが終わった。歩いてホテルへ戻った。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック