北陸新幹線並行在来線(2)二本木スイッチバック

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。



 妙高高原から先は新潟県に入るので、えちごトキめき鉄道に乗り換える。旧信越本線部分はJRの電車を引き継いで運行されている。


画像
 妙高高原駅ではしなの鉄道とえちごトキめき鉄道とは、同じホームで乗り換えられる。

画像
 二本木に到着する。左側はスイッチバックのための引き上げ線となっている。

画像
 二本木駅に着いた。ホームからスイッチバック線を遠望する。

画像
 電車はバックする。車掌が乗っているが、運転管理にはノータッチのようだ。

画像
 引き上げ線へ転線してゆく。

画像
 ポイントの配線は意外と簡素である。

画像
 引き上げ線の終端部分はシェルターが設置されている。

画像
 いったんバックしたあと、再び進行方向が変わり、直江津へ向けて下ってゆく。

画像
 線路が大きく切り替わった上越妙高駅。ホームには快速「SHUKURA]が入ってきた。

 
 直江津までのえちごトキめき鉄道ハネウマラインは、旧JR色を強く残していた。直江津駅コンコースでは駅弁が販売されていた。ここで糸魚川方面に乗り換えるが、同じ会社同士なのにホームが変わる。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック