北陸新幹線並行在来線(1)しなの鉄道

 *紀行記は、「鉄道のページ」でご覧下さい。


 「週末パス」の余った1日をどうしようかと迷ったあげく、北陸新幹線の開業とともに切り離された並行在来線を利用して、富山地方鉄道市内線を訪ねてくることにした。

画像
 乗車したのは北陸新幹線の初発「かがやき501号」である。先頭車ではアテンダントが恭しく乗客を招き入れていた。

画像
 隣のホームには山形新幹線「つばさ号」が単独運行で止まっていたが、ホームの端っこに停車していた。

画像
 車内はご覧のようにガラガラだった。

画像
 例によって車内販売でコーヒーを買うと、列車名が表示されたレシートをくれた。

画像
 「かがやき号」を長野で降り、しなの鉄道北しなの線に乗り換えた。115系3連でワンマン運行である。

画像
 115系の直角座席。なんともいえない風情がある。

画像
 牟礼で対向列車と交換した。

画像
 しなの鉄道は県境の妙高高原まで。ホーム上屋の鉄骨は凝ったデザインだった。



 妙高高原から先、えちごトキめき鉄道に乗り換える。同じホームで乗り換えられるが、駅舎には跨線橋を渡らなくてはならない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック