北陸新幹線の旅

 連日開業話題が続いている北陸新幹線。開業から2ヶ月も経てば落ち着くだろうと、観光をかねた北陸行きを企画している。1回目はツアーで、2回目は黒部ルート公募の結果待ちで実施する。


1回目/5月8日(金)~10日(日)、阪急交通社ツアー


2回目/6~8月、関西電力黒部ルート見学会


 1回目は新幹線で往復してくるだけで鉄道乗り歩きはないが、久しぶりに北陸3県の観光地を巡ってくる。かつての北陸観光は均一周遊券を利用して国鉄バスの能登半島定期観光バスに乗車したが、いまは効率的に回ろうとすると、ツアーが一番ということになる。

 2回目は、実にマニアックな旅である。黒部峡谷鉄道の終点と黒四ダムとの間には公共交通機関がないが、実はつながっている。関西電力の保守点検のための軌道やインクラインがある。映画「黒部の太陽」で灼熱地獄として描かれた難工事で完成したものである。ここは春から秋にかけてのシーズンに関電が一般公募で見学ツアーを募集している。毎年3~5倍の競争率である。今回初めて申込をした。当選すれば出かけてくる。東京から1番の新幹線で間に合うのだ。帰路は、新幹線開業と引換えに切られた並行在来線に乗ってくる。いずれにせよ当選が前提であるので、せっせとハガキを送っている。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ミスターK
2015年03月19日 20:07
こんばんは。関電の見学会、当選するといいですね。私は今から10数年前に当選し、行ってきました。扇沢から入り、宇奈月温泉に抜けました。トロッコやインクラインを乗り継ぎました。

あの山中にこんな施設があるとは驚きです。
2015年03月20日 10:20
立山防砂軌道も未乗なので併せて乗ってみたいのですが、両方の抽選が同日に当たる可能性はほとんどないので別々になりそうです。

この記事へのトラックバック