鉄道乗りある記

アクセスカウンタ

zoom RSS Y158記念列車で黒砂信号場の旅(2)

<<   作成日時 : 2017/05/30 05:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 *このブログは画像だけです。紀行記は「鉄道のページ」でご覧ください。

<鶴見〜新鶴見信号場〜品鶴貨物線〜蛇窪信号場〜大崎〜山手貨物線〜新宿〜黒砂信号場まで>

画像
 鶴見を発車した列車は東海道本線などを乗り越して新鶴見信号場へ向かう。左側は横須賀線の旅客線である。

画像
 新鶴見操車場跡地で左分岐して横須賀線(品鶴貨物線)に入る。ここからしばらくは新幹線と並走するお馴染みの区間である。

画像
 西大井の先の蛇窪信号場(大崎駅構内)で右分岐して横須賀線と分かれて大崎支線に入る。大きく弧を描きながら大崎駅構内で山手貨物線に入る。

画像
 渋谷を通過。ホームを山手線と並行位置に持ってくる工事が始まっている。

画像
 レトロ制服を着た車掌さんが改札に回ってきた。検札はスタンプバーではなく昔懐かしい形押型のものだった。

画像
 代々木駅ホームの真横で山手貨物線(湘南新宿ライン)から左分岐する。直ぐに中央快速線が見えてくる(左側の2線)。

画像
 やがて中央快速上り線に合流する。ここからほんの少しの間上り線を逆送する。

画像
 新宿駅7番線に着いた。ドアーが開き、ここからの乗車客を迎え入れる。

画像
 ドアーが開いたので途中下車客、乗車客、中央線利用客でホームはごった返した。乗り遅れのないように係員は大忙し。ここで担当乗務員が替わった。


*列車は新宿で進行方向が変わる。座席を転換して西千葉へ向かう。この先はいつも乗っているおなじみの区間となるが、あらためて配線を楽しみながらの乗車となった。

画像
 停車中に列車を観察すると、側面方向幕は「団体」となっていた。石川町入線の際は「回送」だった。

画像
 もうじき御茶ノ水。中央快速線から総武緩行線へ転線する。

画像
 神田川を大クロス橋で越えてゆく。

画像
 錦糸町で総武緩行線から快速線へ転線する。

画像
 錦糸町では1分停車した。

画像
 やがて稲毛−西千葉間にある黒砂信号場へ入線した。ここは普段は房総方面からの千葉折り返し列車に使われている。

画像
 乗務員のサイドチェンジは珍しく車内で行われた。

画像
 ここで再び座席を転換する。線路は一番向こうから緩行線上り、下り、快速線上りの順に並んでいる。

画像
 快速線上りを房総ローカルの209系が回送されていった。この位置にはかつて房総ローカルの気動車基地だった千葉気動車区が置かれていた。

画像
 黒砂信号場を反対方向に向けて発車した。出発信号機を通過した。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Y158記念列車で黒砂信号場の旅(2) 鉄道乗りある記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる